マガジンワールド

「肉体は楽しさを享受するための道具であり、機械である。」 Tarzan Editors No. 770 最新号より part 2

From Editors 最新号より part 2

肉体は楽しさを享受するための道具であり、機械である。

「入浴」というテーマは、小誌の鉄板コンテンツでもあり、ある程度“正解”があるものだと思うのです。ただ、忽然と現れては長く居坐わる「猛暑」をご機嫌に過ごすには、いつもの“正解”では難しいこともあります。やっぱり冷水のシャワーは気持ちいいし、湯あがりはクーラーで冷えた部屋が嬉しいです。ということで、「夏の快浴」では入浴のスペシャリストに5つの「夏の入浴&シャワープログラム」を伺い、「夏の入浴、この悩み、どうしたらいいですか!」と12の疑問をぶつけることで、“夏の正解”の種をまいてもらいました。

ところで今号、「夏の快読」と銘打って、4つのテーマで38冊の本も紹介しています。「肉体は楽しさを享受するための道具であり、機械である。だから、楽しんだもの勝ちだ」。これは小説家・羽田圭介さんが『超男性』(アルフレッド・ジャリ著)から読み取られたこと。さもありなん。いつもの“正解”にがんじがらめになって、心が貧しくなれば本末転倒。今号でまいた種からお気に入りを見つけて、カラダも心も健やかに、残暑を楽しく、快く過ごしていただきたいです。

 
ta770_editors2_img
個人的に、この夏どうしてもトライしたいのが「テントサウナ」。編集部にひとつ、悪くないと思うんです。ボス、どうですか!


● 担当:K
ターザン No. 770

夏の快食 快眠 快浴

641円 — 2019.08.08電子版あり
試し読み購入定期購読 (13%OFF)
ターザン No. 770 —『夏の快食 快眠 快浴』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。