マガジンワールド

「カラダのプロはおこもり期間をどう過ごしたか。」 Tarzan Editors No. 792 最新号より part 2

From Editors 最新号より part 2

カラダのプロはおこもり期間をどう過ごしたか。

せーの!でそろって始まった外出自粛期間。僕たちは試されていたのだと思います。自由が効かない状況で、いかにして“おこもり太り”を防ぐのかを……(不謹慎に聞こえたらすみません)。

緊急事態宣言が解かれた6月、急きょ本誌が誇るコミュニティ、「CLUB Tarzan」会員に、かの期間の実態をリサーチしました。手前味噌ですが、さすがはヘルスコンシャスなメンバーたち! 普段よりもさらに運動に励み、健康になった人も散見されました。が、それでも均してみると“太った”が多い結果に。(ちなみに編集部スタッフに取ったアンケートを加えると、さらに悲惨な結果になったことはまあオフレコです)

では、カラダのプロ=トップアスリートたちはどう過ごしていたのか。「太りましたか?」と聞くのはさすがに憚るものの、とはいえ練習もままならなかったはず。ということで、取材を敢行。プールに行けなかった水泳・中村克選手、スパーリングできなかった総合格闘家・朝倉海選手、山に入れなかったトレイルランナー・石川弘樹選手、バーベルを担げなかった重量挙げ・松本潮霞選手、剣を握れなかったフェンサー・三宅諒選手の5人におこもりトレを聞きました。
取材中、思わずツッコミを入れてしまうようなトレーニングもありましたが、ご本人はいたって真剣。ユニークなアイデアが集まりました。

その他、フラフープで痩せた人、室内で15km走った人、あえて“人体実験”した人など、腕利きのトレーナー&トレーニーたちの8人の創意工夫も。

彼らのアイデアを丸々真似るのももちろんいいのですが、彼らのその“姿勢”をまずは見習いたいものです!

ta792_editors2_01
誌面ではイラストで紹介している中村克選手の“キック”トレーニング。天井ギリギリでした。
ta792_editors2_02
フェンシング・三宅諒選手の未公開写真。シャドー姿もお美しい!


● 担当:K
ターザン No. 792

おこもり太り1か月リセット術。

650円 — 2020.07.22電子版あり
試し読み購入定期購読 (13%OFF)
ターザン No. 792 —『おこもり太り1か月リセット術。』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。