マガジンワールド

「“運動っていいな”と思う瞬間。」 Tarzan Editors No. 811 最新号より part 1

From Editors 最新号より part 1

“運動っていいな”と思う瞬間。

なんとなくは気づいていたんです。ジムに行くまではめちゃくちゃ面倒なのに、行ったら行ったでやっぱ来てよかったなと思うとか。タクシー乗り場混んでるし一駅くらいなら歩くか、と歩き始めたら歩くこと自体が楽しくなってハイになる感じとか。待ち合わせをしてごはんを食べに店まで歩く道すがらのほうが、店の中で料理待ってる間より話が盛り上がるとか。

脳と運動というと固い感じしますが、平たくいえば、カラダを動かしているとき、頭の中では何が起きているのか、ということ。あのときの自分にはこういうことが起きてたのか! だからあんな気分よかったのか! と腑に落ちまくりで、改めて、仕組みを知るって面白いなと。

運動の気持ちよさって、誰かに押し付けるものではないですが、仕組みを言葉で説明できるすっきり感はなかなかいいものです。運動を愛するみなさん、ぜひ。

ta811_editors1_01
なんとなく気づいていたことがもうひとつ、取材やら何やらで頭を酷使した後に飲むバナナジュースはうまい。銭湯の後のビール的な感じでしょうか。編集部近くのバナナジュース店にプロテイン入りのメニューができていて、時代を感じましたよね。


● 編集:Y
ターザン No. 811

運動は、なぜ脳に効くのか?/福岡堅樹

650円 — 2021.05.27電子版あり
試し読み購入定期購読 (13%OFF)
ターザン No. 811 —『運動は、なぜ脳に効くのか?/福岡堅樹』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。