マガジンワールド


From Editors No. 1880 フロム エディターズ

THIS WEEK’S ISSUE

毎日のことだからと侮ってはいけません! いま、注目の呼吸と睡眠ダイエットのメカニズムに迫ります。

新米ご飯に芋くりなんきん。油断しているとすぐに体重が増えちゃうこの季節。リニューアル第2弾は、そんな食欲の秋に打ち勝つダイエット法にスポットをあててみました。

昨今、様々な呼吸法によるダイエットが話題になっていますが、今回ananがご紹介するのは、書籍『恋愛呼吸』などで注目度UP中の加藤メソッド。実際に有名人にもトライしていただき、その驚くべき結果も公開! また、痩せやすい体へと導く質の高い睡眠をとるためのメソッドも様々な角度から紹介しています。

また、表紙に登場していただいている菅野美穂さんにスリランカのアーユルヴェーダを体験してもらったり、モノクロページでは今話題の「〜だけダイエット」に読者がトライ! その効果について実証もしているので、少し太ったなと思ったときに活用してほしい一冊です。

今すぐはじめられる究極の意識改革ダイエット。普段の生活にぜひ取り入れてみてください。(K)


COVER STORY

スリランカでリトリートした菅野美穂さんの美しい表情を!

インド洋に浮かぶ涙型の島、スリランカをご存じですか? 紅茶の国、というイメージが強いんですが、ここ数年、美容関係者の間で注目スポットとして話題なんです。というのも、滞在型のアーユルヴェーダリゾート施設があり、数日過ごすだけで、体も心もデトックスされるという噂。そこで、今回、旅好きとして有名な女優・菅野美穂さんとともに訪れました(なんと2泊3日の弾丸ツアー!)。

夜中3時に施設に到着したにもかかわらず、朝6時に鳥の声とともに目覚め、ヨガをして、午前と午後に2回トリートメントを受け、撮影後、キャンディの世界遺産の寺院に繰り出し、スーパーでおみやげ探し…。そんなハードスケジュールでも、笑顔を絶やさず、好奇心旺盛に動きまわる菅野さんのパワーたるや! 女優さんの体力ってスゴイ、と実感。

そして翌日(もう最終日)、恋愛運がUPすると噂のパワースポット、ローズクオーツマウンテンへ。頂上まで登るのに片道40分くらいかかるんですが、菅野さんは疲れかけた私たちを逆に励ましてくれたうえ、息切れることなく、登り切っていてびっくり! 世界遺産・シーギリヤの頂上では、おどけたポーズで写真を撮影したりと、お茶目なモードも満開。まるで、リアルチオビタ♡ スタッフ全員、「こんな奥さんが欲しい!」(ワタシは女ですが)と思うほど、菅野さんに恋してしまいました。そんな天真爛漫ながらも、大人の女性としてより一層輝きを増した美しい表情をぜひ堪能してください。(K)

朝からカレーざんまい! ご飯ではなく、麺と食べるのも新鮮。
朝からカレーざんまい! ご飯ではなく、麺と食べるのも新鮮。


From Editors
編集部リレー日誌

?…な呼吸の先生はたくさんいるけど、この先生は、説得力ありますよ!

スイーツを我慢する、白ご飯の量を減らす、家の周りをジョギングする…。人それぞれ、痩せたいときの鉄板メソッドあると思いますが、まさか“呼吸”って人はいないですよね? 今号の特集内容はそのまさかなんです。でも息をするだけで痩せるんだったら、ぷに子は存在しないハズ? どうやら呼吸の仕方にその秘密があるようです。

今回、「呼吸ダイエット」のページを監修していただいたのは、加藤俊朗さん。「最初は断ろうと思ってたんだから。でも天に聞いたら、やりなさいって言うからさ」。天だったか、神様だったか、宇宙だったか…。とにかく、魂とか、気とか、宇宙とつながってるとか言う加藤さんのこと、最初は「あっ、そっち系の方?」って思ったこと白状します。ごめんなさい。でも、実際お会いしてみると、とてもピュアでエネルギッシュで素敵な、おじいちゃん!

というわけで、取材チームもまずはたっぷり3時間、先生の授業を受け、2回にわたってスタジオで撮影兼体験レッスンを受け、先生の著書を熟読し。その度に「なるほど!」と納得。企画会議段階では、呼吸で痩せられるなんてゼッタイないっ!と思っていましたが、加藤さんに呼吸の意味や正しいやり方を教わるうちに、「痩せる!」と確信に変わりました。痩せる仕組み、詳しくは本誌を読んでほしいのですが、この「痩せる!」と強く念じることが大事なポイント。忘れがちな人は掌に書いておくといいそうです。そういえば先生の掌にも、いつも赤いマジックで何やら書いてありました。最後まで、恥ずかしがって見せてくれませんでしたけど(笑)。(M)

「呼吸は姿勢も大切だよ」。左が加藤俊朗先生。
「呼吸は姿勢も大切だよ」。左が加藤俊朗先生。