マガジンワールド

From Editors No.1974

From Editors
編集部リレー日誌

“アカン食生活”から脱却を!

去年から今年にかけて、しょっちゅう風邪をひき、さらには子どもがかかりやすいヘルパンギーナという夏風邪までひいたりしていました。体調が崩れると、当然お肌は荒れ、顔色もどんより…。「編集部で栄養のなさそうなものばかりをかじっているけど、Mは大丈夫か」と先輩方に言われるほど、不摂生を続けてきた私ですが、この特集を経て、ブス化した食生活を変えることをここに誓います!!

“今の食生活はアカン”と私が危機感を持つ決定打となったのは、4名の美人モデルたちへの取材でした。「どうしても甘いものが食べたいときは、デーツでクッキーを作る」松島エミさん、「月に一度はジュースクレンズをする」石田ニコルさん、「手作りサラダをたっぷりと寝かせ玄米を食べる」野崎萌香さん、と、ここまで取材をしたところで、美人モデルたちのなみなみならぬ食へのこだわりに、自分自身を省みて、“そもそも食生活がブス化している…きれいになれるわけない!”と打ちひしがれました。そしてトドメは「夜ごはんはだいたい17時。遅くても18時が限界かな。(中略)22時? そんなの考えられない!」と生き生きとした笑顔で話してくれた道端アンジェリカさん。彼女の言葉で、私は完全KO! 心と食生活を入れ替えることに決めました。

美人をつくる“キレイフード”が誌面では様々紹介されていますが、美人な食生活への一歩を踏み出すべく、まずはこの4名のインタビューを読んで、確固たる“美人マインド”をつくるのが個人的にはおすすめです。そうすれば、小腹がすいた22時、どこからともなく道端アンジェリカさんの“22時? そんなの考えられない!”というお言葉が聞こえてくることでしょう…!(MK)

誌面でも紹介している“フルーツ酢”。ヨーグルトにかけて食べはじめて2週間、お腹の調子がバツグンに良くなりました。ぜひトライを!
誌面でも紹介している“フルーツ酢”。ヨーグルトにかけて食べはじめて2週間、お腹の調子がバツグンに良くなりました。ぜひトライを!


アンアン No. 1974

美人が食べているもの

450円 — 2015.10.07
試し読み購入定期購読 (14%OFF)
アンアン No. 1974 —『美人が食べているもの』

紙版

定期購読/バックナンバー

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。