マガジンワールド

From Editors No.1991

From Editors
編集部リレー日誌

持田香織さんからいただいた、
バタークリームのお菓子にハマり中。

今回、Every Little Thingの持田香織さんのご自宅を訪ね、愛猫のリヴァイ君との生活を垣間見させていただきました!

そのリヴァイ君。真っ黒な撮影機材を持ってガヤガヤと訪ねてきた侵入者たち(ananチーム)に怯えることも敵意を見せることもなく、「ニャ?」みたいな表情を浮かべながら近寄ってきてまず繰り出したのは、“カラダを相手の脚にこすりつけながら、素知らぬ顔で通り過ぎる”という必殺ツンデレ技。でも、たったそれだけなのに……通り過ぎていっただけなのに……か、可愛いすぎる……!!! ふわふわの猫毛と、その下のしなやかな筋肉、という感触コンビの威力たるや!!! 出会って3分足らずで、軽々と私たちは「リヴァイ親衛隊♡」化していたのでした。その後は、猫なのにまったく人見知りしないリヴァイ君のおかげで、あれやこれや、可愛いカットが盛りだくさん。それはぜひ、本誌をご覧ください!

そして実は私、リヴァイ君のほかに、もうひとつどうしても気になったモノがありまして。それは、テーブルの上に置かれていたお菓子。シンプルに「ソフトButter」とだけ書かれたレトロで可愛いパッケージが、いかにも「おいしそう」な空気を醸し出していて、「食べたい…でも図々しいかな…いやでも、せっかくご用意してくださったんだし…」と逡巡すること1時間半。そろそろ取材が終わるというタイミングで、思わず「これ気になります…」と言ってみたところ、「すごくおいしいんですよ! ぜひ召し上がってください!」と持田さん。すっかり遠慮がなくなった私は、お言葉に甘えて大事に持ち帰らせていただいたのでした。会社に戻るやいなや一口パクリ。すると…お口の中が驚きと幸せでいっぱいに! 程よくふんわりとしたスポンジに挟まれたバタークリームの、控えめで優しい甘さであることよ! そのおいしさに感動してさっそく検索してみると、永久堂さんというお店の「ソフトバター」というお菓子でした。スイーツ好きでも知られる持田さんのセレクト、さすがです。取材中に淹れてくださったそば茶も、本当においしくいただきました。

猫ちゃんと戯れ、美味しいそば茶をすすり、持田さんとゆっくりお喋り(※インタビューです)。本当に素敵な時間でした♡(Y)

もう一度食べたくて、お店の近所に住んでいる会社の後輩に頼んで買ってきてもらいました! この味、やみつきです。
もう一度食べたくて、お店の近所に住んでいる会社の後輩に頼んで買ってきてもらいました! この味、やみつきです。


アンアン No. 1991

冬のにゃんこ LOVE(猫シール付き)

500円 — 2016.02.10
試し読み購入定期購読 (14%OFF)
アンアン No. 1991 —『冬のにゃんこ LOVE(猫シール付き)』

紙版

定期購読/バックナンバー

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。