マガジンワールド

From Editors No.2034

From Editors
編集部リレー日誌

野球界のヒーローが見せた
おちゃめな素顔とは?

いま、最も会いたい野球選手といえば、大谷翔平選手。投手でもあり、打者としても活躍するいわゆる“二刀流”選手であり、‘16年は北海道日本ハムファイターズの日本シリーズでの優勝への貢献、そして、パ・リーグではMVPに輝き、野球ファンだけではなく、日本中の人にその名前が知れ渡りました!

いったい、素顔はどんな人なんだろう? きっとストイックに違いない! と思いながら、千葉の鎌ヶ谷スタジアムの屋内練習場へ。

アンアンの取材時間の前には、新聞記者の質問に淡々と的確に回答し、取材をこなす大谷選手。編集部が用意したプライベートにまつわる質問にどこまで答えていただくことができるのか、ちょっぴり心配になりつつ、ついにアンアンの時間に。

最初は野球のことについて聞いた後、「オフの日は何をしているんですか?」という質問を投げかけたあたりから、その端正な顔に笑顔が少しずつのぞき出し、打ち解けてきた印象に。恋愛のこと、結婚のことに関する質問にもお答えいただけました! (詳細は誌面を読んでください!)

撮影時、最初はちょっぴり緊張しつつも、カメラマンの要望にお答えいただきつつ、淡々と進み……。そんな中、移動した先に、ストレッチ中のチームメイトの白村明弘選手が! すると、大谷選手、突然、カメラマンからカメラを借りて、白村選手の撮影をはじめたんです。とはいえ、プロが使うカメラ。ピンぼけとかになってたら! と思ったら、なんと、ドアップでもピンがあってるではありませんか! 天性の“勘”は、すべてのことに生かされるんだ! と驚く取材陣。もし野球選手になっていなくても、どの世界でも成功する方なんだろうな、と確信した瞬間でした。‘18年はもしかしたらメジャーリーグに行くかもしれない大谷選手。野球界が誇る偉人を、ぜひ日本の球場で生で見ておくことをおすすめします!(HK)

これが大谷選手が撮影した白村選手の写真。とってもキュートな表情です! この瞬間は、リアルな22歳へと戻っていて、笑顔に溢れていました。

撮影している様子はこんな感じでした。カメラを手にしたら、一瞬にして、やんちゃで人なつっこい末っ子キャラが出ていました!


アンアン No. 2034

ありがとう2016-17

550円 — 2016.12.26
試し読み購入定期購読 (14%OFF)
アンアン No. 2034 —『ありがとう2016-17』

紙版

定期購読/バックナンバー

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。