マガジンワールド

「逆境の「男」の表情は、 意外にも晴れやかでした。」 Tarzan Editors No. 744 最新号より

From Editors 最新号より

「逆境の「男」の表情は、
意外にも晴れやかでした。」

第一線で活躍を続けることは、確かに難しい。けれど、逆境に立たされたとき、諦めずに「やり遂げる道」を模索することも同じくらい難しい。

そう考えたとき、ぜひとも会いに行きたい「男」がいました。プロ野球BCリーグ・栃木ゴールデンブレーブス(元・巨人軍四番)の村田修一選手。
昨年10月13日に巨人から戦力外通告を受け、村田選手をとりまく環境は一変。現在は栃木で日本プロ野球(NPB)球団からのオファーを待ち続けます。

どのような気持ちで野球を続けるのか。緊張しながら村田選手が練習をする小山市を訪ねると、意外にもその表情は晴れ晴れとしたもの。ウォーミングアップから積極的に声を出し、バッティング中は若手選手へアドバイスを送り、練習後は自らトンボ掛け(!)まで。

練習後に改めて村田選手を支えるモチーベションについて尋ねたところ、再び向き合った野球への思い、現在の環境への思い、そして息子さんへの思いを語ってくれました。
難局に直面した男は、なにを動機に再起するか。挑戦を続ける全ての人たちに読んでほしいインタビューです。

余談ですが取材終了後には、ちょっとした行き違いも。私、編集ムラタは小山のグラウンドから帰ろうと、タクシーの配車をお願いしました。すると、「ムラタ」の予約を聞いた運転手さんが強ばった面持ちで登場。村田修一選手が乗ると勘違いしたようで……。その節は無駄に緊張させてしまい、失礼いたしました……!

 
ta744_editors_img1
廃校になった小学校を利用したグラウンドで練習。
ta744_editors_img2
二宮金次郎像の横にブルペンが2つ設置されています。


●担当:ムラタ
ターザン No. 744

やり遂げる! いかに動機と継続力を高めて、目標に達するか。答えはトップランナーの …

600円 — 2018.06.28電子版あり
試し読み購入定期購読 (13%OFF)
ターザン No. 744 —『やり遂げる! いかに動機と継続力を高めて、目標に達するか。答えはトップランナーの言葉にある。』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。