マガジンワールド

「やっぱり瀬戸大也さんはすごかった。」 Tarzan Editors No. 746 最新号より

From Editors 最新号より

やっぱり瀬戸大也さんはすごかった。

表紙と巻頭を飾ってくれたのは、水泳界きってのハンサム、瀬戸大也選手です。

“4個メ”を好タイムで制したジャパンオープンの直後に行われた撮影。さぞお疲れかと思いきや、この日も練習をみっちりこなした後。「すぐに泳げるように」と、既に水着を下に着込んで登場してくれました。準備万端、恐れ入ります。脱いだら、やっぱりすごいんです。水泳でナチュラルに鍛えられたカラダは。

そして、泳ぎ。こちらもやっぱりすごかった。水泳大会は専らテレビ観戦の身。トップ選手が泳ぐ姿を、間近で目にする貴重な機会をありがとう。しかし、驚きました。25mなんて、ほんの三、四ストロークで届いてしまうのですね。平泳ぎも……ほぼ同じ。生でみると、速すぎます。すごすぎます。シャッターチャンスがなかなかどうして、何度も泳がせてす、すみません。すると瀬戸さん、「ゆっくり泳ぎましょうか?」と、あえてストップモーションのような動きで泳いでくれます。紳士。超一流選手ともなると、心技体すべてにおいてハンサムなのね、を実感。

そんな瀬戸さん、どんなに練習で泳いでいても、「オフに誘われれば喜んでプールに行きますよ」とのこと。今年の夏は暑すぎますね。皆さんも近所のプールで気持ちよく泳いではいかがでしょう。もちろん、この特集を読んだ後なら、水泳が100倍(?)楽しくなりますよ! 

ta746_editors_img2-2
8月のパンパシ水泳での活躍も楽しみな瀬戸選手。泳ぎもさることながら、カラダもすごい!
ta746_editors_img1-2
撮影した伊藤徹也カメラマン。こちらも水着持参の体当たり撮影だ!


 
●担当:ホシノ
ターザン No. 746

もう一度、泳いでみよう。

600円 — 2018.07.26電子版あり
試し読み購入定期購読 (13%OFF)
ターザン No. 746 —『もう一度、泳いでみよう。』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。