マガジンワールド


From Editors No. 1896 リレー日誌

From Editors
編集部リレー日誌

記録的な大雪の今冬、その日は奇跡の一日でした。

今シーズンのファッショントレンドのひとつ“マリンスタイル”のページに出演いただいたのは、女優の忽那汐里さん。NHKのドラマに出演中で、4月からも民放の連ドラ、5月には映画が公開と大活躍。前日も遅くまでドラマの撮影という、忙しいスケジュールの合間を縫ってのロケとなりました。ロケ場所は三浦半島の南端近く、すぐ目の前は相模湾。都内より南とはいえ、すぐ目の前はビーチ、真冬の海です。寒くないワケがない。でもテーマは“気分はもう夏! マリン&リゾート”。タンクトップにショートパンツ、ノースリーブのワンピース、サンダルです…。事前に今回のコーディネートを事務所の担当さんにお伝えしたときも、申し訳なくて自然と小声になったくらい。というわけで、撮影の合間に暖の取れる部屋も確保、温かい飲み物も、カイロもたくさん用意して、インナーもアウターも保温性の高いウェアをがっつり着込んで、早朝に都内を出発しました!

でも、奇跡が起きました! 現地に到着してロケバスを降りると、なんか予想と違う!? もしかして暖かくない? ロケの前日まで極寒だったし、撮影後には2度も記録的な大雪が降った今年の冬。いま振り返れば、この日だけポカポカ陽気の奇跡の一日だったんです。すべて屋外の撮影にもかかわらず、撮影中、スタッフもアウターを着なかったくらいですから。

それにしても、忽那さんは季節外れの薄着です。でも、まったく寒いそぶりを見せず、笑顔で軽やかに動き、心地よい表情でカメラの前に立ってくれた忽那さん。さすが女優さんです! あまりの自然さに、どのカットもあっという間にOK、予定より2時間以上早く終了です。

この季節にマリン&リゾートのテーマでロケ。これはハードル高いな〜と思って挑んだ撮影でしたが、できあがったページを見ても、真冬感ゼロ。大成功でした! (M)

目の前は相模湾。海の向こうには富士山がうっすらと…。
目の前は相模湾。海の向こうには富士山がうっすらと…。

ビーチバム側を見ると。10時で太陽の位置は建物の向こう側。