マガジンワールド


COVER STORY No.1956

COVER STORY

「おーい!」と呼びかけるメガネっ娘は、
漫画家・浅野いにおさんの描き下ろし!!

「今回の手相特集はイラストの表紙で」と知らされたときから、私にはある野望があったのでした。それは漫画家のビッグネームに、超かわいいイラストを描いていただくこと。ananは週刊誌ですから、年間50冊ほど発行しています。そしてそのほとんどの号は、表紙に人気の芸能人の方が登場されます。いつも素敵な芸能人が出ている、というのはananの大きな強みであり持ち味なんですよね。というわけですから、イラストが表紙になる号はほんの数号。言ってみれば超レアなわけです。せっかくだから、何か仕掛けたいと思うのが人情じゃありませんか?

漫画家さんに描いていただく場合、私の中で、僭越ながらこれはマストと思っていた条件があります。
①絵だけで誰が描いたかわかる抜群の知名度。
②かわいいのはもちろん、印象的で個性的な女の子を描ける人。
③読者の心をつかむおしゃれ感。
私が企画書に挙げた名前を見て、「連載抱えてる売れっ子漫画家さんって、たぶんすごく忙しいよね。こういうのやっていただけるのかな?」と上司から問われましたが、「それはわかりません」となぜか堂々と答える私。だって弊社には漫画雑誌がないし、漫画界の常識やスケジュール感もまるでわからないですから。でもダメモトで聞いてみる価値はあるんじゃないでしょうか?

実は、私の中には早い時点で「この人」と思う漫画家さんの名前がありました。当然、タッチが今回の表紙のイメージとぴったりだと思ったことが第一。さらに、今年になってから、その人のイラストがアニメーションになったCMが流れたり、文学全集の帯でイメージイラストを描かれているのを目にして、異業種とのコラボに積極的なんじゃないかなと思ったのも後押しになりました。この方が描いてくださったら、間違いなく、すっごくいい感じの表紙になりそうです!

とはいえ、まさか本当に実現するとも思っていなかったので、OKをいただけたときは椅子からずり落ちそうになりましたけど。あがった表紙を見て、ニヤニヤしてしまいます。浅野いにおさん、本当に素敵なイラストをありがとうございました!(S)