マガジンワールド


「日焼けしない肌」に仕込む、キンギンカ抽出液。

よりよい成分 よりよい化粧品 46日焼けしない肌に仕込む、
キンギンカ抽出液。

陽を浴びても、日焼けにならない! かといって、UV防止ではない。そんなユニークで画期的な成分です。
撮影・小松勇二 スタイリスト・桐原三恵子 ヘア&メイク・本名和美 文・大塚明子
 
目立つシミに速攻美白、「コウジ酸」と「サリチル酸」。
今あるシワに効く、セラムバイタル。


きれいの伝言

使用感や効果を自分の肌で確認したうえでのコメントは説得力をもつ。自身も乾燥しがちで敏感な肌の持ち主でもある。
使用感や効果を自分の肌で確認したうえでのコメントは説得力をもつ。自身も乾燥しがちで敏感な肌の持ち主でもある。

植村朗子さん

うえむら・うららこ 美容コメンテーター
 
dermed904_1_img4
クロワッサン880号(ʼ14年7月10日号)でキンギンカ抽出液について対談した大竹さんと植村さん。
 
あれから1年ですね。日焼け対策は万全ですか。

10月に出産と聞きました。おめでとうございます! 昨年5月にお会いしたとき、赤ちゃんが欲しいとおっしゃっていましたよね。本当によかったです。その時が初対面でしたが、元サッカー選手なのに、肌が白くて、とてもきれいなのに驚きました。現役の頃から、練習でも試合でも日焼け止めを欠かさなかったとか。

絶対に日焼けしたくないという大竹さんは、そのとき紹介したキンギンカ抽出液を“夢のような成分”と言っていましたね。日焼けを防ぐのではなく、“日焼けにしない肌”へ導くという、画期的な成分。紫外線はもちろん、肌老化の大もとである炎症を強力に抑えるのです。

しかも、使い続けるうちに、日焼けしにくい“肌力”を備えることができる。これまで日焼けやシミを防ぐために日焼け止めを塗る発想しかなかったけれど、肌の土台そのものに日焼けしない力を備えるというわけです。その後、使い続けていますか。次に会うときは、赤ちゃんと一緒かな。楽しみにしています。
注目の有用成分
右・キンギンカはスイカズラの花蕾を乾燥させた生薬の一種。左・抽出液は優れた抗炎症作用がある。
右・キンギンカはスイカズラの花蕾を乾燥させた生薬の一種。左・抽出液は優れた抗炎症作用がある。
 
日焼けしにくい肌になったみたい。
炎症に対する“肌力”、ついたかもしれません。
大竹七未さん
おおたけ・なみ サッカー指導者、解説者

元日テレベレーザ所属の女子サッカー選手。100得点第一号。現在は東京国際大学女子サッカー部総監督も。
元日テレベレーザ所属の女子サッカー選手。100得点第一号。現在は東京国際大学女子サッカー部総監督も。

「ありがとうございます! つわりがなかったので、本当に赤ちゃんがいるのかと不思議な気持ちだったのですが、お腹が大きくなるにつれ、実感がわいてきました」

笑顔で植村朗子さんのメッセージに応える大竹七未さん。もちろん、肌色は白いまま。というより以前より透明感が上がって、ますます美しくなった印象。幸せだから肌も輝いている?

「それも少しは……(笑)。でも、キンギンカ抽出液のおかげです。植村さんにすすめられてから1年間、ずっと使い続けたんですよ。そうしたら、本当に日焼けしなくなったみたいです。以前よりも、色白ですねって褒められることが多くなりました」

キンギンカ抽出液は、鎮痛や清熱(せいねつ)などに効果効能があるとされ、漢方・生薬として古くから用いられてきたキンギンカという花の蕾から抽出したエキス。花が、最初は白く、だんだん黄色に変化することから、金と銀の花――キンギンカ、と名付けられた。日本ではスイカズラの名で親しまれている。

そのエキスに高い抗炎症効果があることを発見したのが三省製薬だ。

「最初は半信半疑でした。日焼けをしないためには、日焼け止めを塗るか、もしくは、焼けてしまってから美白ケアをするしか手はないと思っていましたから。防ぐのではなく、スキンケアで肌を“日焼けにしない”なんて、絶対にウソ、って」

でも、植村さんから、三省製薬は自社で成分開発から手掛け、その効果を皮膚科での試験も含め、厳密に検証していると聞いた。安全性も含め、信頼できる成分、製品を手掛ける会社だということは、国内外で評価されているという。キンギンカ抽出液も信じて使ってみた。

日焼け止めは、紫外線が肌に入ってこないようにするけれど、キンギンカ抽出液は、日焼けやシミのもとのメラニン色素ができるもっと前の段階――炎症を起こさせない作用がある。

日焼けやシミの大もと、
炎症を起こさせない。

日焼けすると、まず肌が赤くなってから黒くなり、その後にシミができるが、この赤くなるのが、炎症を起こしている状態。キンギンカ抽出液は、紫外線を浴びて発生した活性酸素をはじめ、その後に炎症を起こすよう指令を出す物質などの活性を次々と抑える。炎症に関わるメカニズムを複数で抑え、しかも、それぞれの抑制力が非常に高い。そのような成分は極めて珍しい。

「さらに感動したのは、使い続けるうちに、炎症が起きにくい肌になるから、日焼けしたり、シミができたりしにくくなること。日焼けしてからではなく、ふだんからキンギンカ抽出液でケアをしておけば、日焼けしにくくなると植村さんが言っていたので、毎日つけていたんですよ。そのおかげか、強い日差しの下で長時間、取材したときも、赤くなりませんでした」

その経験は一度や二度ではない。

「植村さんのいう“肌力”がついたんですね。今の私の肌の白さと透明感、見せたいくらい。近いうちにお会いしたいです。そのときは、先輩として子育てのことも教えてくださいね」


美容業界でも注目の「炎症加齢」に着目した画期的な成分です。

横田紗綾さん

横田紗綾さん

よこた・さや 三省製薬 素材開発部
「キンギンカ抽出液を使い続けることで日焼けしにくい肌に導かれます。肌老化の原因となる炎症を徹底的に防ぎます」
近年、肌老化の原因として注目を集めている「炎症」。キンギンカ抽出液は炎症を抑えて、日焼けやシミを起こさせない成分だ。そのメカニズムは?

「肌が紫外線を受けると活性酸素ができ、さらに炎症性の物質をつくらせるNF-κB(エヌエフ・カッパービー)やホスホリパーゼA2という酵素ができます。これらが活性化することで、肌が炎症を起こし、メラニン色素がつくられるのです。これらに対し、キンギンカ抽出液は、活性酸素を約80%、NF-κBの活性を90%以上、ホスホリパーゼA2の活性を約95%抑制することが実験でわかりました。その結果、炎症が起こるのを強く抑えることができるのです」

その炎症抑制力は、数ある抗炎症成分のなかでも群を抜いている。

「そのため、紫外線ダメージを限りなくゼロにすることができます。UVカットや美白ケアとは違うアプローチで白く、透明感のある肌へ。炎症による肌の赤みも抑えることができます」



 
 

日本名はスイカズラ。東アジア一帯に分布し、花は甘い香りがある。
日本名はスイカズラ。東アジア一帯に分布し、花は甘い香りがある。
炎症を起こしにくい肌に。

紫外線を浴びる前にキンギンカ抽出液を塗っておくと、紫外線を浴びても赤くならない。肌の炎症を45%抑制することができる。 (三省製薬調べ)
紫外線を浴びる前にキンギンカ抽出液を塗っておくと、紫外線を浴びても赤くならない。肌の炎症を45%抑制することができる。
(三省製薬調べ)
炎症の原因物質を抑制。

培養細胞の中のNF-κBの活性化度を測定。キンギンカ抽出液を添加した試験液で炎症を引き起こすNF-κBの活性化抑制作用を確認。(三省製薬調べ)
培養細胞の中のNF-κBの活性化度を測定。キンギンカ抽出液を添加した試験液で炎症を引き起こすNF-κBの活性化抑制作用を確認。(三省製薬調べ)


 

夏季限定
「デルメッド サマーセット」特別セット

特別セット価格 7,000円(別途、消費税がかかります)

セット内容:デルメッド サマーローション フェイス&ボディ 150mL(現品) 医薬部外品、デルメッド サマープロテクトUV フェイス&ボディ 50mL(現品) SPF50+・PA++++。
●単品で揃えるよりも1,000円おトクなセットです。
●締め切りは2015年8月20日(木)。なくなり次第終了。
●デルメッドで開催中のその他キャンペーンの適用はできません。

注文方法:
お電話:<フリーダイヤル>0120・847・447
専用キャンペーン番号「1539」を必ずお伝えください。
FAX:<フリーダイヤル>0120・269・669
ハガキ:〒816-8550 福岡県大野城市大池2丁目26・7 三省製薬㈱ デルメッド5CR⑥係
※2015年8月20日(木)必着

FAX、ハガキは「専用キャンペーン番号1539」と商品番号247、商品名サマーセット、注文数、5CR⑥係」を記入のうえ、郵便番号、住所(ふりがな)、氏名(ふりがな)、電話番号、生年月日、性別を明記してください。
*〈個人情報の取扱いについて〉に同意のうえ、お申し込みください。

支払方法:
代金は商品到着後1週間以内に、同封の郵便・コンビニ払込用紙で。
電話でのご注文の場合は、クレジットカード払いも利用できます。
送料:
購入金額にかかわらず、送料無料。
お届け:
申し込み受け付け後、1週間ほどで届きます。
返品・交換:
商品到着後1週間以内に、まずは電話で連絡を。お客様の都合による返品・交換の返送料はお客様の負担となります。

〈個人情報の取扱いについて〉
三省製薬では、氏名・住所などの情報を安全に管理することを最優先に考えます。顧客情報は、通販事業における商品等の発送、利用代金の決済、関連するアフターサービス、およびその案内に限って使用します。詳細は、http://www.dermed.jp/privacy/index.phpを。
*デルメッドは通信販売のみです。三省製薬から営業の電話をすることはありません。

日差しを浴びても、赤くなりません。

問合せ先・デルメッド<フリーダイヤル>0120・847・447 http://www.dermed.jp