マガジンワールド

いやはや、プロはやっぱり……。 クロワッサン 編集部こぼれ話 No.1009

From Editors 編集部こぼれ話

いやはや、プロはやっぱり……。

本号では「魚のアラ」記事を担当しました、編集KHです。普段、何気なく捨ててしまうアラの部分ですが、実は味わいが深く、栄養価も高いというお話を、かの小泉武夫さんにたっぷりと聞いてきましたので、ぜひ、本誌をご覧ください。
ところで、小泉さんのお話に出てきたアラ料理を再現すべく、今回は都内某名店の料理人Sさんにスタジオにお越しいただきました。しかも、スタジオにいらっしゃる前に豊洲市場でその日に出た生きのいいアラ(!)を仕入れてくれるとのこと、スタッフ一同、頭が下がる思いです。
で、そのアラですが、こちらで事前にお願いしました、タイやヒラメの他にもなにやら巨大な発砲スチロールが。
「知り合いの仲買人が、今日はこんなのもあるよ、どう?と、分けてもらってきました」とSさん。スタッフが見守るなか、蓋を開けてみると、ジャーン! なんと、本マグロのアラではありませんか。カマ付き、中落ちたっぷり、しかも、え? え? 札には、大間、って、これ何て読むんでしたっけ? 誰か教えて、お願い。いやはや、プロはやっぱりすごいな。
ここでみなさんに問題です。その本マグロのアラを仲買さんが分けてくださったときに、中落ちを取るならこれがあると便利だよ、と一緒に渡してくれたものがあります。さて、それは何でしょう? 寿司店などでよく見かけるのはスプーンですが、それよりももっと綺麗に取れるもの、なのだそう。正解は……な、なんとハマグリの貝殻なのでした。ちなみに、スタッフ(素人)も試してみると、本当に気持ちいいくらいに根こそぎ取れる。いやはや、プロはやっぱりすごいな。みなさんも機会がありましたら、ぜひ、試してみてくださいね。
 
(編集KH)


cro1009-kobore-01
記念に札を持ち歩く担当者。何て読むんでしたっけ?(しつこい) 
 
クロワッサン No. 1009

魚のおいしい食べ方。

550円 — 2019.11.09電子版あり
試し読み購入定期購読 (11%OFF)
クロワッサン No. 1009 —『魚のおいしい食べ方。』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。