マガジンワールド

物と記憶 クロワッサン 編集部こぼれ話 No.1018

From Editors 編集部こぼれ話

物と記憶

今号では物づくりの町を訪ねて、新潟県は燕市に行ってまいりました。写真のスプーンは何を食べる用か、わかりますよね?
自分が育った町は関東の田舎町で、近所にイチゴ畑がありました。あれは、うららかな陽射しの土曜午後。農家のおじちゃんは気前がよく、下校途中の子どもたちをつかまえて「好きなだけ摘んできな」と声をかけてくれた。ポケットに、鞄に、もうできるだけ。家に帰ったら、黄色い通学帽の裏地が真っ赤になっていて仰天したものです。
燕市にあるイチゴスプーンの製造元の〈ラッキーウッド 小林工業〉によると、このつぶつぶの配列が肝であるそう。「よく見ると並びが放物線を描いているでしょう。縦、横、整然よりも、このほうがつぶしやすいんです」(小林社長)。同社は、なんとこのイチゴスプーンを初めて考案した会社でもあるそう(特集記事も併せて読んでみてください)。
近ごろはあまり見かけなくなったイチゴスプーンですが、今年は久しぶりに取り入れてみるのはどうでしょう。自分などは、このつぶつぶの銀の面を見るだけで、それで押さえつけられつぶされていく、硬くて柔らかいあの独特の感触がよみがえってきます。最後に使ったのはもうずいぶん昔のことなのに、手が覚えています。
 
(編集kh)


cro1018-kobore-01
このスプーンとくれば、白砂糖、コンデンスミルクがセット。
 
クロワッサン No. 1018

見た目が良くて、使って便利! 暮らしの道具 決定版

590円 — 2020.03.25電子版あり
試し読み購入定期購読 (11%OFF)
クロワッサン No. 1018 —『見た目が良くて、使って便利! 暮らしの道具 決定版』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。