マガジンワールド

サッカー界のレジェンドが淹れてくれた、おいしいコーヒー。 クロワッサン 編集部こぼれ話 No.960

From Editors 編集部こぼれ話

サッカー界のレジェンドが淹れてくれた、おいしいコーヒー。

おいしいおやつにはおいしい飲み物が欠かせないと個人的には思っている。

葉山&逗子方面でさまざまなおやつ処をロケハン、取材したが、おやつに負けず劣らず印象的だったのは、『葉山 パッパニーニョ』のオーナー二宮寛さんが淹れてくれたコーヒーだった。なんと独学だという。

二宮さんは、まだ日本サッカー創生期のプレイヤーであり日本代表監督も務めた、サッカー通の間では知られた存在。日本代表選手だった慶応大学在学中から、特にヨーロッパを訪れる機会が多かった。

「19歳の時にチームの遠征でイタリアに初めて行って。レストランでエスプレッソ飲んだとき、『おお! なんだこりゃ』というぐらい衝撃を受けたね」

それから毎日コーヒーを飲むほどはまってしまい、ついに独学でコーヒー店を開くまでに。

驚いたのは、自慢のコーヒーのみならず、繊細でかわいらしいデコレーションのココアフラッペやミルクにこだわったコーヒーゼリーなども、奥様ではなく、二宮さん自らの手作り。

「このココアフラッペはアイスコーヒーがおまけ。コーヒーゼリーはね、アイスココアをサービス。一緒に食べてみてよ、おいしさが増すから!」と、サービスも満点。どちらもコーヒーとセットなのに、さらにおまけがつくのだ。

取材中、壁に飾ってあるスプーンのコレクションに目が留まったライターが「このスプーンを飾ってある棚は珍しいですね…」とつぶやくと「お! よくわかったねえ。各地でスプーンを集めていたんだけどなかなか飾る棚がなくてね。スイスの工房で偶然見つけて、これはいいと買ったんですよ。さすがライターさんだ!」と嬉しそう。

テーブルマットは60年代のサッカーワールドカップの競技場が描かれていたり、二宮さんの栄光の軌跡がうかがえる一角があったり。二宮さん自らが淹れてくれるコーヒーはもちろん、サッカーファンもコーヒー好きも、話題をふれば何でも応えてくれる二宮さんの軽快なトークにも魅了される。

ドイツサッカー界で「皇帝」と呼ばれるフランツ・ベッケンバウワーと交流があった二宮さん。開店するにあたり、来日したベッケンバウワー氏がいくつかの候補から選んで命名してくれたのが店名「パッパニーニョ」。パッパは「お父さん」、ニーニョは「少年」。まさにその両面を持っている二宮さんの人柄も魅力的なコーヒーショップ。葉山近辺に行く機会があれば、ぜひ訪れてみてほしい。

(編集H)
 
自らコーヒーを淹れてくれる二宮さん。後ろの壁にあるのが各国で集めたスプーンのコレクション。
自らコーヒーを淹れてくれる二宮さん。後ろの壁にあるのが各国で集めたスプーンのコレクション。
日本代表選手、監督時代の思い出の品々が飾られている一角。
日本代表選手、監督時代の思い出の品々が飾られている一角。
お店のセンターには水出しコーヒーの大きな装置が。水を少量ずつ落としていくから雑味がなく、すっきりとした味のコーヒーに。
お店のセンターには水出しコーヒーの大きな装置が。水を少量ずつ落としていくから雑味がなく、すっきりとした味のコーヒーに。
クロワッサン No. 960

きょうの、おやつ。

500円 — 2017.10.25
試し読み購入定期購読 (11%OFF)
クロワッサン No. 960 —『きょうの、おやつ。』

紙版

定期購読/バックナンバー

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。