マガジンワールド

本誌には載らなかった、私的・美味しかったもの。 クロワッサン 編集部こぼれ話 No.993

From Editors 編集部こぼれ話

本誌には載らなかった、
私的・美味しかったもの。

今回、台湾特集を担当した編集Hです。
台湾エキスパートの方々に教えていただいた選りすぐりの店を取材しました。どのお店も美味+αがあり、本当に楽しさしかない取材。そのお店の数々は本誌でご覧いただくとして、
誌面に載らないけど美味しかったものを、いくつかご紹介します。
まず、お土産希望ナンバーワンのお菓子店『手天品』からは「緑豆糕」。緑豆を油分でしっとりさせて型に入れたお菓子です。手天品で見つけたのは初でしたが、お、おいしい…。甘さはもはや感じられるギリギリまで薄く、油分はオリーブオイルでどこまでもあっさり。毎日あるわけじゃなく、しかも要冷蔵!と店主さんにきつく言われます。ホテルでただちにお茶といただくのがおすすめです。
次は『庄頭豆花担』。担当が初めて台湾旅行した際、現地の友人が最初に連れて行ってくれた豆花の専門店で、以来ずっとマイベスト。店の雰囲気、フワフワ過ぎない豆花、具の上品さ、シロップのしっかりした味、とにかくバランスがいいのです。ちなみに今回の出張中も、ホテルから片道20分歩いて4回行きました。店の人は毎日閉店間際にやってきて無言で豆花を食べる(そしてぱったり来なくなった)女をどう思っていたでしょうか。
最後は空港のコンビニで残りの半端な現金を使うために買った「麻辣花生」。食べ終わったあとの袋の写真しかありませんが、中身はほぼパッケージどおり。買ったことを忘れていて、つい最近リュックのポケットから現れました。食べてみたところなかなかのお味。ファージャオ(花椒)の粒が潤沢に入っています。茹で野菜と和えてみたところ、家族が「激烈に美味い」と言ったほど。次回は買ったことを忘れず、飛行機の中で旅を振り返りながら飲むビールのお供にしたいと思います。
(担当H)
 
cro993-kobore-01
型の模様も愛らしい。『手天品』では生菓子扱いです。
cro993-kobore-02
コーディネーターさんに「酷い」と言われた写真。実物は美しいです。
cro993-kobore-03
食べたあとに慌てて撮影。松山空港のコンビニで買いました。


 
クロワッサン No. 993

元気になる、満たされる。台湾

540円 — 2019.03.09電子版あり
試し読み購入定期購読 (11%OFF)
クロワッサン No. 993 —『元気になる、満たされる。台湾』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。