マガジンワールド

美容偏差値38からのコスメ・レッスン クロワッサン 編集部こぼれ話 No.1015

From Editors 編集部こぼれ話

美容偏差値38からのコスメ・レッスン

読者の皆さまはもしかして、『クロワッサン』の編集者はみんな美容通だと思っておられませんか? それはノン・ノン。自慢ではないが私(アラフィフ・兼業主婦)は、まったく美容のことがわかりません。これまで担当してきたページは主に料理とか掃除とか書評とか。
もちろん毎日、何かしらを塗って会社には行きます。でも、本当に「何かしら(=サムシング)」であって、乾かないように&日焼けしないように……くらい。お化粧は、まああるものを適当に……だってもう20年くらい、デートとか合コンとかないですし。息子のお弁当作りとかゴミ出しをしたあとの出勤で忙しいし。ちょっと頑張るタイミングといえば、同窓会の前にマツエクを盛るくらい。
でも。それじゃいけなかったです。ということを今回、「若見えメイク術」のページを作り始めた時に思いました。集まった「私は見た! イタイ若見えメイク」のアンケートに愕然。「チークの位置が20年前で止まっている」「口紅の色が20年前のまま」「まつ毛は盛ればいいってものじゃないのに」。ええーー。マズいじゃーん私。
そして編集部の大ボスと小ボスに言いました。こんな私がメイク特集を作るのは無理なのでは? そうしたら大ボスが言いました。「ですから、そういうレベルの女性が今風の大人メイクを習得できる、わかりやすいページを作ってください」。
そこで本誌でお馴染み、メイクアップアーティストのレイナさんと打ち合わせをしました。打ち合わせなんてレベルではありません。ほぼ、ゼロからの個人レッスン。
「下地って塗る意味あるんですか? ファンデで隠れちゃうと思ってました」「リップティント? 初めて聞きました。流行っているの?」「ファンデって顔全体に塗ったらいけないの? シミが隠れなくない?」。聞きながらも自分の質問のレベルの低さがわかります。もう、ネットによくある「偏差値38からの大学受験」みたいなやつ。でも流石にレイナさんは優しかった。ニッコリ笑って、「いやあ、これはお教えしがいがありますね!」。
それで、そんな私目線でできたのが、当該ページです。もうサブタイトルに<ゼロから教わる>とか<偏差値38からの>とかつけたかった。
写真は、レイナさんとの打ち合わせを終えて私が即行で買ったコスメです。実際に自分で試してみて、「おお!(当社比)」と感動を覚えました。以来、朝の化粧タイムが(前よりきちんと時間を取るようになりました)楽しいです。
皆さまも、これだけあればかなり“今”の顔になれるはず。私の低レベルの質問を解決する全ての商品データは本誌に載っています。なお、手前の小さい白い棒は、アイブロウペンシルです。専用ホルダーがないと使えません。くれぐれも私のように買い忘れのないようお気をつけください。私も早く買わなくちゃ……。
 
(編集E)


 
cro1015-kobore-01
中央下左側がリップティントです。有名なアイテムだそうです。右上のアライグマは少し前にファッションページで紹介した小林モー子さんのブローチ。今回買ったコスメの総額はこのアライグマ1.2匹ぶんくらい。
 
クロワッサン No. 1015

目標は5歳若見え! 肌とメイクの秘術。

560円 — 2020.02.10電子版あり
試し読み購入定期購読 (11%OFF)
クロワッサン No. 1015 —『目標は5歳若見え! 肌とメイクの秘術。』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。