マガジンワールド

「ブス恋♥初ディズニー。」 Vol.169

鈴木おさむエッセイ ブスの瞳に恋してる♥ 第169回「初ディズニー。」

 
Hanako 1145号:ブスの瞳に恋してる♥
[ヤマザキマリの場合]
やまざき・まり/漫画家。イタリア在住。『テルマエ・ロマエ』は世界8カ国で翻訳。


先日、息子・笑福を連れてディズニーランドに行ってきました。僕と妻と2歳3ヶ月の笑福。僕はディズニーランドが結構好きな方で、結婚してからも妻と何度も行ってます。いつか息子と一緒に行けたらいいなとは思っていましたが、子供のディズニーランドデビューをいつにするか? これ、結構差がありますよね? まだ、0歳、1歳の頃から連れていく人もいれば、物事をちゃんと認識してからじゃないと意味ないだろという人もいて。

うちも3歳過ぎてから! なんて話をしていたのですが、周りに2歳過ぎてから連れてく夫婦も増えてきました。

妻の妹夫婦にたまに笑福を預けて面倒見てもらってる時に、ディズニー映画のDVDをよく見せているらしく、そこで笑福がハマったのが、まさかのアナ雪。しかも曲。笑福は2歳頃から「ありのーままのー♪」と歌い出すようになりました。2歳の子供がありのままじゃなかったら困るだろと思いつつ。

で、そうやって笑福もディズニーにも興味を持ち出したので、特に僕がガマンならず、3歳を待たずして連れていきました。

当日は秋晴れのいい天気でした。平日だから空いてるだろうと思って行ったのですが、最近は学校の秋休みというのがあるらしく、その期間にはまったようで、かなり混んでました。

昔だったら、ディズニーランドに行ったら、何個アトラクションに乗ったかが満足度でしたが。息子と行くディズニーランドはすべて子供目線になるもんです。

キャラクターが近くに来ても、前なら主要キャラじゃなきゃテンション上がりませんでしたが、よくわからないリスっぽいキャラでも、笑福が喜べば親も喜ぶ。ただ園内を歩くだけでも、笑福が楽しそうに歩いていると楽しい。

トゥーンタウンという、小さな子供が特に遊べるエリアがありました。そこにコースターがあるのです。身長制限90センチなんですが、笑福は2歳3ヶ月にして、94センチもあるのです。なので、乗れることになりました。ただ、思ったよりコースターは激しく揺れます。妻が笑福の隣に乗ります。普段はリアクションのプロである妻ですが、コースターが走り出した途端、笑福を抱きしめしっかりガード。笑福はかなり怖かったようですが、怖くても泣かないし叫んだりしない。

途中、妻が番組で絶叫マシーンに乗った時と同じような顔をしたので、思わず笑ってしまいましたが、2歳3ヶ月には刺激が強かったようです。そのあとは、ミッキーのフィルハーモニーオーケストラを楽しみました。ここで笑福は3D眼鏡を初体験です。目の前から映像が飛び込んでくるだけでなく、前から水しぶきが上がったりするので、ここでも驚いていましたが、かなり楽しんでいる様子。2歳3ヶ月ですから、ほとんどが人生初体験になるのは当たり前ですが、ジェットコースターからの3Dはかなり驚いたはず。

そして、夕方まで楽しんだ後、これだけは乗りたいアトラクションがありました。それはプーさんのハニーハント。あのアトラクションは夫婦そろって大好きで、たまに、あのアトラクションをディスる人がいますが、本気で口論したくなる。そのハニーハント、ファストパスを取れなかったため、昼は80分待ち。が、夕方過ぎたら50分待ちだったのです。

50分だったら行くしかないと並びました。笑福はその時ベビーカーで寝ていたので、丁度起きるくらいに乗れる時間だろうと。

この日、僕たちは一個、後悔がありました。ベビーカーは持っていったのですが、抱っこひもは持っていかなかったのです。

アトラクションに並ぶ時はベビーカーを置いていかなきゃいけないんですよね。それを考えてなかった。

子供が元気なうちはまだいいんですが、寝てたら抱っこです。プーさんのハニーハントの並び始めから抱っこです。基本は僕。途中、妻に10分ほど代わってもらいましたが、妻も体の一部を痛めていたため、長くは持ちません。

僕は笑福を抱きながら、手すりに腰を置いたり、ごまかしごまかし頑張り続けました。30分超えたら、もう何も考えないようにしていました。こんな気持ち、中学のマラソン大会以来です。腰と腕がパンパンになりながらも、アトラクションが段々近づき。プーさんの乗り物が見えてきた時には、走ったこともない24時間マラソンランナーのような気持ちになり、頭の中にはサライが聞こえました。

笑福が目をさまし、やっとアトラクションに乗り、笑福が嬉しそうに「プーさん」と言った時には、嬉しい反面、腰と腕が破壊したんじゃないかと思うような気持ちになりました。

かわいいプーさんに手を振る体力もない。やはり。体鍛えなきゃいけないなとあらためて思ったディズニーランド。

人を笑顔にするためには、誰かの沢山の努力がいるのだと、身をもって感じた、夢の国。


【今回の気づき】

テーマパークに抱っこひもは大事



鈴木おさむ
すずき・おさむ/放送作家。妻・大島美幸(森三中)の 出産までをつづった『妊活ダイアリー From ブス恋』「ブス恋シリーズ1~4」が人気。初監督作(脚本も担当)となる映画『ラブ×ドック』は2018年全国ロードショー。


Hanako No. 1145

本当は、お茶が好き。

600円 — 2017.11.02電子版あり
試し読み購入定期購読 (14%OFF)
Hanako No. 1145 —『本当は、お茶が好き。』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。