マガジンワールド

ジム通いをスタートさせたものの、まったく痩せていかない!

子どもの時から、特に下半身が太く、骨も太い。膝が内に入っています。
大人になって気づいたのは、1年の間で5kgの体重変化があること。この年になってからさすがにマズイと思い、2か月前からジムに通い始めました。
メニューを作成してもらい、ストレッチ→筋トレ20分→有酸素運動30分を週に2、3回行っていますが、通い始めて2か月半目に測定すると、体重が3kgも増えていました。体脂肪率も上がっていましたが、筋肉量と排気量もアップしてます。
筋肉量だけなら、筋肉ができてきてこれから脂肪が落ちていく時期なのか?と思えるのですが、お尻も太もももパンパンになってしまい、この先が不安です。
痩せたいのですが、痩せられるのでしょうか?


まずは日常生活の改善を!
ジムより日頃の習慣が問題。

2か月で筋肉量は増えないので、残念ながら3kgの体重増加は体脂肪の増加か、あるいはむくんでいる状態です。
ももさんが現在行っている運動は、痩せる成果の出る運動としては少し足りていません。まずは週2〜3回のジム以外はほとんど動いていないという運動量から改善しましょう!
筋トレはカロリー消費しないので、痩せる効果はほぼありません。痩せるためには筋トレは必要ですが、これは階段を上ることや早歩きが困難でなくなる状態を期待しているものなので、日常生活でほとんど歩かないのでは意味がほとんどないことになってしまいます。
現在ジムでされている30分ほどの有酸素運動よりも、日常生活で階段をせっせと昇り、街を歩く時は人よりも早歩きをする生活を毎日送りましょう。

次に食事ですが、間食、揚げ物、一回の食事の品数、飲み会が多く、食べ過ぎだと自覚されていないようです。
品数が多い夕食を見直してください。おかずは1品とし、付き合いで仕方ない飲み会ならカロリーの高いおつまみは食べない。毎日食べている間食はほぼやめる、という生活に変えること。
ほんの少し毎日を活動的にして食事を見直せば、簡単に1か月で数kgは落ちるはずです。

相談者DATA
名前:もも
性別:女性
年齢:40
身長:159 cm
体重:54 kg
BMI:21.36
体脂肪率:31.0 %
職業:事務員
スポーツ、身体活動:
小学生までは普通に過ごしていたと思います。
中学生になって、吹奏楽に。その時のみ腹筋、ランニング少々。
高校は帰宅部の30分程度の自転車通学。
大学は何もせず電車通学。
社会人になってから自動車通勤で全く運動はしない。現在も少しの距離も歩くことはない。2か月前からジムに通い始めている。ストレッチ→筋トレ20分→有酸素運動30分を週に2、3回程度。
既往歴:川崎病
健康状態:不眠がち(途中覚醒してしまいます)
平均食事回数と量:
朝:パン、ウインナー、ヨーグルト、牛乳のような感じがほとんど。
昼:コンビニでサンドイッチ、春雨スープ 程度がほとんど
夜:玉ねぎサラダ、炒め物または揚げ物、納豆、ご飯半膳。うどん、揚げ物。スープと餃子。焼き魚、きんぴら、サラダ、雑穀米のような感じ。月に2、3回飲みに。料理は和食がほとんど。酒は梅酒、日本酒。
間食(補食):2、3杯のコーヒー、チョコレートは毎日食べる。時々、会社で配られたお菓子。

平均睡眠時間:5~8時間

ターザン No. 720

「怒り」学/ゾーンの研究

540円 — 2017.06.08電子版あり
試し読み購入定期購読 (13%OFF)
ターザン No. 720 —『「怒り」学/ゾーンの研究』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。