マガジンワールド


Tarzan Editors No. 674 編集部だより

From Editors 編集部だより

ケロリンを探せ〜 の巻

銭湯から上がったあと火照ったカラダに何を流し込むべきか、これは永遠のテーマと言えます。もっぱらノーマルな牛乳と決めているわけですが、浮気心でたまにコーヒー牛乳が飲みたくなったり、さらに自分のなかのフルーツ牛乳派閥が参戦してきたり、熾烈な三つ巴が繰り広げられるわけです。

てなわけで銭湯です。自宅から徒歩60秒圏内に銭湯があるのでちょくちょく通っていますが、やっぱり広い湯船に浸かるとドッと疲れが抜ける心地がしますね。今回の〈快眠・快浴〉特集でも銭湯マニアに利用法の秘技を聞いちゃってますので、「銭湯なんてご無沙汰だなあ」の人も今度の週末にいかがでしょうか。

銭湯マニアの方への取材でもそうでしたが、雑誌の撮影では読者の方へより鮮明なイメージを伝えるため、小道具を使ったりもします。で、今回銭湯のイメージを打ち出すために用意したもの、それが「ケロリン桶」。なぜか銭湯へ行くと頻繁に見かける、鮮やかイエローの桶、アイツです。世代を越えて愛される銭湯のシンボルが誌面のどこに隠れているのか、ぜひ探してみてください。

他にも『ターザン』編集部の倉庫には、「なんでこんなモノが!?」な小道具が溢れています。いつか皆さんにご紹介できたらなあと思うのでありました。

現在は黄色ですが、初代は白色だったのだとか。他にも関東版と関西版で微妙に大きさが違ったり、掘れば掘るほど深いです、ケロリン桶。
現在は黄色ですが、初代は白色だったのだとか。他にも関東版と関西版で微妙に大きさが違ったり、掘れば掘るほど深いです、ケロリン桶。


●担当:デスクの下にケロリン桶を隠し持つ ムラムラ