マガジンワールド


From Editors 2 No. 815 衝動買いから始まる料理がある。

From Editors 2

衝動買いから始まる料理がある。
 突然ですが、みなさんが最後に包丁を握ったのはいつでしょう? さっき、昨日、一週間前、もしかして思い出せないほど前? いろんな方がいるかと思いますが、今号はリニューアル後初めてとなる料理の特集、「シティボーイのクッキング入門」を収録。

 とはいえ、いわゆる普通料理レシピとは、ちょっとだけ違う。ページを見ると、文章だけ。レシピ本によくあるような、分量の箇条書きなどがないのがわかってもらえると思います。しかも料理の特集なのに、ストーリー仕立て。もちろん、本文を読み込んでもらえば、そのページの料理は作り方がわかるようになっているので、ご安心を。

 中身をちょっとだけ紹介すると、話は料理なんて全くしたことがなかった主人公が、とある包丁を衝動買いするところから始まります。それを機に、料理に挑戦するも、何かと作りすぎたり、実家に帰ったり、時に映画の中の「変態の殺し屋」に影響を受けたりしながら、いろんな料理を作っていく、全12話からなるビルドゥングス・ロマンとなっております。

 実はこのストーリー、ちょっとだけ実話が含まれているのです。冒頭の包丁を買うところ、これはワタクシが、取材の時に見つけた包丁を、実際に衝動買いしたところに着想を得ています。実際に気に入った道具があると、やっぱり料理をしたくなるもんです。

 最後に声を大にして言いたいことは、「料理って、楽しい!」

以上。

岩渕大介(本誌担当編集)


 
動買いした包丁と同じ職人さんによる、ペティナイフ。特集を作り終わった後、料理にハマって購入。皿も購入。とまらん。
動買いした包丁と同じ職人さんによる、ペティナイフ。特集を作り終わった後、料理にハマって購入。皿も購入。とまらん。
野菜サラダを作っている途中。ただ切るだけでも美味しいなんて、何て素晴らしいんでしょうか。
野菜サラダを作っている途中。ただ切るだけでも美味しいなんて、何て素晴らしいんでしょうか。


撮影後はもちろん、美味しくいただきます。
撮影後はもちろん、美味しくいただきます。
今回お世話になった<ターク>のフライパン。こいつでチキンをカリッと焼くと、本当に美味い。
今回お世話になった<ターク>のフライパン。こいつでチキンをカリッと焼くと、本当に美味い。