マガジンワールド

作ってみたいレシピが、ここにある。 From Editors 1 No. 890

From Editors 1

作ってみたいレシピが、ここにある。

シティボーイの料理偏差値や、いかに?
みなさん、料理の腕はどんなもんですか? 僕は全然作れません。いい加減な性格なもので、技量は未熟にも関わらず、目分量で調味料を投入する癖があるため大体の料理が塩辛くなってしまいます。水くれ〜、水。

しかし、昨年のステイホーム時期になぜかパスタを究めてみようとアルミパンを購入し、一念発起。作り続けること早1年。最近じゃあ、冷蔵庫の余りものでチャチャッとそれなりの一皿が作れるようになりました。料理人の友人を強引に家に招集して教えてもらったり、レストランに行けばシェフの手元をつぶさに観察したり、興味を持つと料理の腕もそれなりに向上するものですね。

かくして、徐々にクッキングに興味を持ち始めた折、料理特集の担当に。これはもう絶好の公私混同のチャンスということで、あんなこといいな、できたらいいなと、作ってみたいメニューを教わるべく、さまざまな名店のシェフに弟子入りを志願したのでした(1日だけだけど)。その結果、出来上がったのが巻頭の企画「シティボーイの23皿」です。
パンにバターとハムを挟むだけというジャンボンブールを皮切りに、ロールキャベツや焼売、汁なし担々麺にピザトースト、ぬか漬け&キムチ、チェリーパイ、果てはBBQリブまで、僕が…いや、シティボーイなら作ってみたい料理を取り揃えました。
シェフたちは僕ら底辺料理人にも優しく、ときに市販の既成品を巧みに駆使しながら優しく手解きをしてくださいました。

というわけで、僕のような初級料理人だけど、なんかお洒落なものが作りたいと思う人にぴったりな特集が完成と相成りました。料理上手な方々、物足りなかったらスミマセン。

青山洋行(本誌担当編集)
 
po890-fe1-img01
こちらは「Bananas and Cucumbers」の企画にて紹介したバナナときゅうりの料理たち。バナナときゅうりって安くておいしいけど、そのまんま食べる以外あんまり思いつかないなあと、白金台『LIKE』の原太一さんにおいしいレシピを教わりました。
ポパイ No. 890

ENJOY COOKING 腹が減ったら、料理をしよう。

880円 — 2021.05.08電子版あり
試し読み購入定期購読 (15%OFF)
ポパイ No. 890 —『ENJOY COOKING 腹が減ったら、料理をしよう。』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

読み放題※ 記事の一部が掲載されない場合もあります。
  • buy-dmagazine
  • buy-rakuten

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。