マガジンワールド

今年もいっそう、スタイルについて考えてみたい! From Editors 1 No. 886

From Editors 1

今年もいっそう、スタイルについて考えてみたい!

年始の恒例となっているスナップ特集は今回、いつにも増して個性を出したスタイルの持ち主が集まりました。

<PHIPPS>のデザイナーでパリに住むスペンサー・フィップスは、見事なヒゲでフリーマインド、ナイス・バルクでスポーティ。そのうえでトラッドな7変化を披露。
ロンドンのミュージシャン、Puma Blueはプレーンでなんでもないように見えるんだけど、色にとても気を配った着こなし。
普段着でバシバシ登るLAのロッククライマーたちはひたすら楽しそうだし、ロンドンのモードなお店『MACHINE-A』のスタッフが着ているブランドには興味津々。<ナマチェコ>って知ってる?

NYのスタイリスト・Miyako Bellizziが紹介してくれたのは、A24の映画に携わるスタッフとその仲間たち。古着の着方に意思があって、こちらもさっそくヴィンテージ・ハントに出かけたくなります。

個人的に「いい奴だなー」としみじみ思ったのは、NYのCole Star。彼は2年前にブランドを立ち上げたのに、レアなヴィンテージの生地ばかり選ぶものだから、結局自分の服しか作れていないというのんびり屋(笑)。
もちろんその服を日々着ているんだけど、実はアメリカでもトップクラスのテーラー<Martin Greenfield>で働く、若き才能。<LQQK>とか『PROCELL』のみんなも大好きな男だから、文字どおり期待の“星”かも? 
インスタからDMしたらビスポークで作ってくれるかもしれないらしいのと、フーディとかをやっと少し量産する予定らしいから(プリントは<LQQK>だ)、気にしておきたい存在です。

やっぱり「Style Sample」号は、ポパイっぽいとか、っぽくないとか、いろんな見方ができる自由な特集で、いつも作るのが楽しいです。

榎本健太(本誌担当編集)
 
po886-fe1-img01
果たして何回めなのか、数えるのも野暮なんじゃないかというくらいスタイルをサンプリングしてきました。今回の345人も参考になります!


ポパイ No. 886

STYLE SAMPLE 2021

880円 — 2021.01.09電子版あり
試し読み購入定期購読 (15%OFF)
ポパイ No. 886 —『STYLE SAMPLE 2021』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

読み放題※ 記事の一部が掲載されない場合もあります。
  • buy-dmagazine
  • buy-rakuten

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。