マガジンワールド

なぜ映画とドーナツかって? From Editors 1 No. 847

From Editors 1

なぜ映画とドーナツかって?
映画といえば、ポップコーンだろ! という声も聞こえてきそうですが、ドーナツなんですよ。なぜかと聞かれれば、なんとなく相性がいいかなと。

ほら、涼しくなると映画でも見るかってなるし、ドーナツも夏よりは涼しい時期にパクパク食べたい。でもって、どちらもB級でも楽しめちゃう。さらに言うと、映画館で食べても音がしない……というのは後付けですが、とにかくこの秋は映画とドーナツなのです。

年末にかけて新作もいろいろかかります。北野武監督のアウトレイジが完結と思えば、ブレードランナーはむちゃくちゃ久しぶりに続編。ジャームッシュも立て続けに新作が公開になり、トム・フォードは『シングルマン』以来の新作が控えている。映画は語り合うまでが楽しみですから、ドーナツでも食べながら映画の話なんてどうですか?

ちなみに、たまに映画館で見かけるチュロスもスペインのドーナツの一種。あれ、うまいですよね。16ページのブックインブック「ドーナツハンドブック」では、ニューオープンから、オールドファッション的な定番、世界のドーナツまで、とびっきりおいしいのを紹介してますので、あわせてどうぞ〜。

米山正樹(本誌担当編集)
 
po847-fe1-01
こちら、編集作業中の主食となっていた宮田製菓のヤングドーナツ。これかミスドでドーナツデビューという人も多いはず。個人的にはフジバンビの黒糖ドーナツ棒もおすすめしたいおやつドーナツ。


ポパイ No. 847

映画とドーナツ。

800円 — 2017.10.10
試し読み購入定期購読 (8%OFF)
ポパイ No. 847 —『映画とドーナツ。』

紙版

定期購読/バックナンバー

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。