マガジンワールド

先生が教えてくれた、大事なこと。 From Editors 2 No. 878

From Editors 2

先生が教えてくれた、大事なこと。

新しいことに挑戦するのは、なんであれワクワクするもの。今回の「料理」というテーマも、POPEYEの長い歴史の中で、一冊丸ごとというのは初めて。取材先で見ること、聞くことすべてが新鮮で、特集を作っている僕自身が勉強になることばかりでした。特に印象深かったのが、土井善晴さんと、DJみそしるとMCごはんさん(以下、おみそはん)の対談。「コンビーフはあかんやろ!」と土井先生が開口一番、おみそはんの作った味噌汁をディスったのも衝撃だったけれど、「料理は頭を使って考えたらダメ、心で作るもんやね」という一言に、やれレシピだの、やれ分量だの、細かなことばかりに縛られながら、まるでパズルでも組み立てるように料理をしていた自分が、恥ずかしくなりました。「料理に正解なんてない、自分の好きに任せてクリエイトするものなのだ」。さすがは土井先生! 一言の持つ強さが違うなぁ。

直接取材することがなかなか難しい状況でも、NYやコペンハーゲンの有名シェフ、まるでプロレスラーな、カナダのマッティ・マセソン、俳優のダニー・トレホまで、文明の利器に頼りながら、国内外から集めた料理にまつわるあれこれ。彼らから聞いたたくさんのレシピが載っています。そのまま作ってもいいのですが、できたら自分なりにここはこうしたほうが僕は好きかも? なんてアレンジしながら料理を楽しいんでもらえると嬉しいです。レシピはあくまで地図であって、トリセツではない。対談を通じて、『ベスト・キッド』のミヤギにも、ブルース・リーにも見えてきた土井先生の、「考えるな、感じろ」の精神で、この一冊を片手にキッチンに立っていただけたらと。おみそはんが持っていた、ボロボロに使い込まれた土井先生の著書のように。

また、いつの日か素敵なレストランに行く時のためのブックインブック「GOOD MANNER BOOK」も。絵本感覚で楽しんでもらえたらと、堅苦しいルールではなく、こんな時にどうすれば素敵か? というアイデアを一冊にまとめました。これはテーブルマナーにも、料理にも共通することですが、大事なのは「自分も含め、みんなが心地よいと思うことをすること」。今号に費やした3ヶ月間を通じて、僕が得たこの教訓は、ごくごく当たり前のこと。でも、料理に限らず、こういうことが大事なんだなぁとあらためて。

角田貴宏(本誌担当編集)
 
po878-fe2-img01
編集作業中のある日の朝食。『the Blind Donkey』のシェフ・原川慎一郎さんから、3月号の朝食ブックで学んだ、にんにくをトーストの表面に塗る術を応用し、具をソーセージとからし菜に。スープは鶏ガラスープに、ターサイと溶き卵を。野菜は『SOU FARM』の柳田大地さんの畑で採れたもの。
po878-fe2-img02
和食にまつわるあれこれを取材させてもらった、料理家の麻生要一郎さんが、知り合いを中心に作っているお弁当。本誌でも取材した、優しい出汁が聞いた惣菜の数々は、食べて気持ち良くなる。盛り付けも美しく、本誌ではちらし寿司を題材に盛り付けの極意を伺っています。


ポパイ No. 878

そろそろ自分たちで料理をしてみないか。

860円 — 2020.05.09電子版あり
試し読み購入定期購読 (15%OFF)
ポパイ No. 878 —『そろそろ自分たちで料理をしてみないか。』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

読み放題※ 記事の一部が掲載されない場合もあります。
  • buy-dmagazine
  • buy-rakuten

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。