マガジンワールド

この秋、SFが気になる! From Editors 2 No. 847

From Editors 2

この秋、SFが気になる!
今年はSF映画がアツいですね。

『東京喰種 トーキョーグール』『暗黒女子』といった清水富美加さん出演の”SF”映画もですが(from 本誌p74)、ここではサイエンス・フィクションのお話を。

この秋からで言うならば、まず9月公開の『散歩する侵略者』が面白かったです。
黒沢清監督のSF、ということで注目していましたが、ジワジワと恐怖を実感し理解していく描写に「あぁ、本当にこういうことがあったら、自分もこんなふうになるのかな」と想像させられました。(本誌の黒沢清監督のインタビュー&オススメSF・17本は必読!)。

そして、なんといっても『ブレードランナー』でしょう。この映画、大好きです。
何がいいって、とにかく映像と、未来の世界の実情や風景の描き方が半端じゃなくカッコいい。
制作者たちの想像力、熱意、センスにグッと来るし、配給側vs制作側という苦難の背景によりこの35年間で5つもバージョン違いが生まれた、なんてのにも興味津々。

今月の27日、満を持してその続編が日本でも公開になります。
前評判はさまざまですが、さて、はたして……?

本誌ではこの『ブレードランナー』の前作・新作、双方に思いっきり向き合ってページを作りました(表紙も『ブレードランナー』!)。
初めて観たライターが噓偽りない本心で書いた初体験記、これがなかなかいい感じです。そのままの勢いで、いろんな人に会って、いろんなことを調べて作りきった『ブレードランナー』ルポになっています。
まだ観たことがない人も、もう十分好きな人も、クスッと笑って楽しんでもらえたら嬉しいです。

榎本健太(本誌担当編集)


 
po847-fe2-01
『ブレードランナー』のページでは高橋ヨシキさんを取材。新作でハリソン・フォードが実際に使ったという「留之助ブラスター」のモデルガンを持って。腕には前作のヒロイン、レイチェルのタトゥーが!
po847-fe2-02
SFだけじゃなく、今年は「ツイン・ピークス」もアツい! ので、デヴィッド・リンチの特集ページも作ってます。こちらは渋谷の『カフェ・モノクローム』。リンチ好きなら巡礼したいカフェです。


ポパイ No. 847

映画とドーナツ。

800円 — 2017.10.10
試し読み購入定期購読 (8%OFF)
ポパイ No. 847 —『映画とドーナツ。』

紙版

定期購読/バックナンバー

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。