マガジンワールド

東京には、「味な店」がある。 From Editors 1 No. 852

From Editors 1

東京には、「味な店」がある。
本誌の創刊40周年記念号に付録として付けた創刊号の『POPEYE』、昨年のガールフレンド特集でシティガールのために作った別冊『Olive』に続き、今月のポパイも別冊付録が付きます!

その名も「2018年の東京 味な店」。
フードエッセイストの平野紗季子さんを編集長(!)に迎え、全108ページという大ボリュームな1冊を作りました。
付録というよりも、書籍かよ!という充実した内容で、全45軒の味な店を収録。
音楽で言うならば、平野紗季子のベストアルバム的1冊となっております。

もしこの春に上京したのなら、いや東京に長く住んでいる人だって、ここに載っているお店を訪れれば、東京のことをもっと深く知ることができると思います。
この冊子をポケットに入れて、味な店へ出かけよう。

青山洋行(本誌担当編集)


po852-fe1-01
左は今回のイメージソースになった「カラーブックス」シリーズの「東京の味」。右が今回の付録「2018年の東京 味な店」の出力見本。
po852-fe1-02
味な店のひとつとして紹介している『ビストロ ポップコーン』の外観。ロゴが『POPEYE』に似ていてかわいい。


ポパイ No. 852

はじめまして、東京。

880円 — 2018.03.09
試し読み購入定期購読 (8%OFF)
ポパイ No. 852 —『はじめまして、東京。』

紙版

定期購読/バックナンバー

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。