マガジンワールド

とにかく手を使ったなぁ……。 From Editors 2 No. 860

From Editors 2

とにかく手を使ったなぁ……。

はじめまして。僕の名前は福島大慶。生まれも育ちも福島県です。(これ、本当)。今年の4月に新入社員としてマガジンハウスに入社して、今こうしてポパイを作っています。そして、この「CRAFTSMANSHIP!」特集で初めて自分で企画を担当しました!

お店をじっくり取材した「Crafatsman”Shop”」、僕と年の近い修行中の若者に話を聞いた「Be a Craftsman」、手を動かすアイデアをあれこれ集めた「Craft Ultramarathon」、の3つの企画です。

なかでも「Craft Ultramarathon」のページは、本当に手を動かしまくって作りました。夜通しレゴを組み立てたり、我を忘れて木を削ったり、たまに美味しいとんかつを食べに行ったり、手の脂が全部持ってかれるまで紙飛行機を折り続けたり……。そして、出来たものはすぐに撮影して原稿書いてとワタワタしていたら、アッと言う暇もなく発売日でした。

ちょー過酷だったけれど、「今まで読んできたポパイはこうやって作られてたんだ!」ってほぼ読者目線でワクワクしつつも、自分が一番楽しんで作りました! このページを読んで実際に手を動かしたくなる人が続出してくれたら嬉しいです。
手軽にできてオススメなのが紙飛行機! どの紙飛行機も感動的に飛びますよ。それもそのはず、飛行距離ギネス世界記録保持者のジョン・コリンズさんが考えた紙飛行機なんです。彼のホームページで折り方を公開しているものもあるのでぜひ。

そうそう、この号で何箇所か“手タレ”として誌面に登場しています。そういう意味でも「とにかく手を使った」特集だったのかもしれません!

福島大慶(本誌担当編集)
 
po860-fe2-01
もっとも苦戦した紙飛行機作り。誰もいない深夜の編集部で一人紙飛行機を折っているときは、一瞬自分が何の会社に就職したのか分からなくなりました。
po860-fe2-02
「Crafatsman”Shop”」企画でお邪魔した千葉県佐原の『素顔屋』で思わず買ってしまった蛙の張子。僕が取材から無事に「帰る」のをデスクで見守ってくれています。めんげ〜なぁ〜。


ポパイ No. 860

クラフツマンシップ。確かにこれは、職人技だ!

840円 — 2018.11.09電子版あり
試し読み購入定期購読 (8%OFF)
ポパイ No. 860 —『クラフツマンシップ。確かにこれは、職人技だ!』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。