マガジンワールド

今年のスナップ企画は、ニューヨーカーにお願いしました。 From Editors 2 No. 862

From Editors 2

今年のスナップ企画は、ニューヨーカーにお願いしました。

映画『グッド・タイム』をご覧になったことはありますか? いま、飛ぶ鳥を落とす勢いの映画製作会社〈A24〉の作品で、ニューヨーク在住の映画監督、サフディ兄弟による2017年公開の映画です。実は本作の衣装を担当したのが、モデカイ・ルビンスタインという人です。彼もニューヨーカーで、ファッションコンサルタントという肩書きでいろいろなことをやっています。「Mister Mort」というwebページが有名で、若者からおじさん、道の警備員までを撮影の対象としてスナップをしています。何度か『ポパイ』でもニューヨーカーのスナップをお願いしたことがありますが、今回は思い切って、東京でスナップをしてもらおうと思いました。実は製作中のサフディ兄弟の新作『Uncut Gems(原題)』にも関わっているとのこと。なんと今度はマーティン・スコセッシが製作です。そんな最中に、今回こそは断られるかなと思いましたが、「オレは日本食、とくに生モノが不得意だ。でも、ハンバーガーとかチキンがあれば大丈夫だ」というお返事とともに快諾してくれました。さて、どんな人々を撮ったのかは誌面でぜひ、と思うのですが、彼の考えるクラシックスタイルから、近い将来のランウェイで見られるであろう新しいスタイリング(モデカイ談)、そしてアメリカと日本の洋服の考え方の違いまでを考察した、とても機知に富む16ページに仕上がりました。「俺は冬に白を着ることを、『ウィンターホワイト』と呼んでいる」など、覚えておきたいモデカイ用語も見所です。一気読みはほぼ不可能な情報量となっているので、外が吹雪いていて家でゴロゴロしているときなんかに、第一特集の部屋のことを考えながら、さらにそれも疲れたなってときに、拾い読みしてもらえたら幸いです!

矢野一斗(本誌担当編集)
 
po862-fe1-img01
撮影の合間に、『キーン』のお店に寄って気になっていたシューズを試着。「これは以前からチェックしていたんだ。日本企画のものだろ? この色ヤバイよな」と言いながら、試着した後、「んーどうしようかな。どう、似合ってる? 今日の服とも合ってるよな」などさんざん悩んでからようやく購入していました。悩み過ぎ! ですがすぐに何でも買ってしまう人よりも信用できますね。
po862-fe1-img02
『ユニクロ』に行きたいというのでヒートテックでも買うのかと思ったら、KAWSとセサミストリートのコラボぬいぐるみを物色。「これ、ニューヨークに売ってないのかな。売ってないなら買うかな……色的には……」クッキーモンスターだろ! と悩むモデカイと5日間、東京各所を巡りました。道端でご協力いただいた約90名の方々には感謝申し上げます。


ポパイ No. 862

本当にいい部屋ってなんだろう?

840円 — 2019.01.09電子版あり
試し読み購入定期購読 (8%OFF)
ポパイ No. 862 —『本当にいい部屋ってなんだろう?』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。