マガジンワールド

頭のネジが吹っ飛んだホームパーティ映画が好き! From Editors 2 No. 867

From Editors 2

頭のネジが吹っ飛んだホームパーティ映画が好き!

休みの日はもっぱら、15時の開店と同時に銭湯でひとっ風呂浴びて、風呂上がりにビールを一杯引っ掛けて、レンタルビデオショップで映画を借りて、家でだらだらと観ながら過ごしている気がします。

我ながら、24歳にしてはおっさんな休日……。

さて、レンタルショップで借りる映画はというと、ほぼ中身のないコメディ映画! コメディの中でも好きなのが、アメリカの高校生を描いた映画にありがちな、親がいぬ間に家でどんちゃん騒ぎするホームパーティモノです。

スクールカースト底辺の3人組が人気者になるためにパーティを企画する『プロジェクトX』はそのめちゃくちゃさがトップクラスで、終いには家の周辺一帯が火の海になっちゃいます。裏庭でDJがガンガンに音楽流して、裸の美女がプールで騒ぎまくる光景はもはや、ちょっとした治安の悪いフェス。セクシー過ぎるテキーラの飲み方が見所です(笑)。

同じくスクールカースト底辺の童貞3人組が卒業前に初体験すべくホームパーティに行く『スーパーバッド 童貞ウォーズ』は、お酒を調達して会場に届ける珍道中のお話。未成年だからフェイクIDを作るんですが、偽名が「マクラヴィン」という聞いたこともない名前(笑)。そのマクラヴィンとおバカ過ぎる警察との絡みは、腹がよじれます。パーティを通して、男になったり、友情を再確認したりと、”ちょっと”いい話で終わるのも好きなポイントの一つです。

これは大学生のパーティ映画ですが、『ネイバーズ』も最高。赤ちゃんが生まれたばかりの夫婦の隣に大学生グループが引っ越してきて毎晩のようにパーティするんです。うるさ過ぎるから阻止しようとする夫婦と、いたずらで反撃に出る学生の戦いの話なんですが、パーティといたずらの度が過ぎている(笑)。家でドラム缶いっぱいに大麻を焚いたり、エアバッグを椅子に仕掛けて吹っ飛ばしたり、くだらない笑いだらけです(笑)。

「こいつらバカだなぁ」なんてツッコミを入れながら観ていますが、そんなバカバカしいパーティに行ってみたいと憧れている自分もいます。

と、本編のように自分も好きな映画について書いてみましたが、綺麗にまとめられませんでした(笑)。本誌では「どんな映画が好き?」という問いに対して54人の方が面白く答えてくれています!
休みの日に、観たい映画を探すためのちょっとした手助けになれば嬉しいです。

福島大慶(本誌担当編集)
 
po867-fe2-img01
ホームパーティしがちなアメリカのティーンを知るにはこの2冊もおすすめ。左はコラムニストの長谷川町蔵さんと山崎まどかさんが映画や音楽などティーンを取り巻くポップカルチャーについて対談する『ヤングアダルトU.S.A.』。右は弊誌「ハンバーガー特集」。学園コメディあるあるについて本特集でも登場するデーヴィッド・マークスさんが教えてくれています。


ポパイ No. 867

おもしろい映画、知らない?

840円 — 2019.06.08電子版あり
試し読み購入定期購読 (8%OFF)
ポパイ No. 867 —『おもしろい映画、知らない?』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。