マガジンワールド

僕らがメキシコへむかう理由 From Editors 2 No. 868

From Editors 2

僕らがメキシコへむかう理由

アーティストやクリエーターたちがその自由な空気に惹かれて、自然と集まってくる街がある。いっときそれはポートランドだったし、ここ数年はベルリンだろう。が、「ベルリンの次はメキシコシティらしいよ」と聞いたとき、すぐに街のイメージがわかなかった。えーと、タコスとテキーラとピラミッドと…というあまりに浅薄なイメージしか浮かばず、村上春樹さんの著作じゃないけど、「メキシコシティにはいったい何があるというんですか?」状態。知らないからこそ知りたい、見たことがないからこそ見たい、それこそが旅の醍醐味だ、と取るものも取り敢えず、メキシコシティへと向かった。

到着からの2週間は驚きと発見の連続。美術館の数がパリと並んでトップクラスで、スケートやファッション、パンクなどのユースカルチャーが盛り上がっていて、リソグラフや版画といった日本人にもなじみ深いカルチャーもある。そして実際にNYやLAからアーティストがどんどん移住していて街に活気があることこの上ない。さらには新しいものだけではなくて、数千年続く民族文化、16世紀のスペイン入植以降の文化もきちんと引き継いでいる。スペインのバロック建築をバックに、トラックバイクやキックボードが疾走する姿はある種、突き抜けた光景だった。

とここまで書いてみて、伝えたいことがあれもこれもあって、まとまりのない自分に気がつく。が、もしかして、整理しきれないその豊饒さや多様さ、余白の大きさこそが、メキシコの魅力なのかもしれない。アジアでもアメリカでもヨーロッパでもない、ここにしかない世界。ぜひ、自分の目で、耳で、体で感じに行こう。

斉藤和義(本誌担当編集)
 
po868-fe2-img03
この旅で感動したものの一つ。この本は1968年に出された本を「RRD」というアート集団が2018年に復刻したもの。当時、メキシコオリンピックの10日前に行われた政府反対デモで起こった大虐殺「トラテロルコ事件」で亡くなった学生の一人とされる、El móndrigoさんが「僕は悪い活動をしていました」と反省の弁を綴った日記本なのだけど、なんとこれ、当時のとある勢力による捏造本だったという噂が。その本を「RRD」は50年後の2018年、事実と異なる部分をすべて真っ黒に塗り潰し、手書きで事実を書き加え、当時とまったく同じ紙とサイズで復刻したそう。「お上の言うこと、やることなんて信じないし、ろくなもんじゃねえよ」というパンク精神がメキシコの人たちの根底にはあった。


ポパイ No. 868

メキシコが呼んでいる!

856円 — 2019.07.09電子版あり
試し読み購入定期購読 (8%OFF)
ポパイ No. 868 —『メキシコが呼んでいる!』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。