マガジンワールド

マイウェイっていうのは、あるようでない、ないようである!? From Editors 2 No. 858

From Editors 2

マイウェイっていうのは、
あるようでない、ないようである!?
マイ・ウェイは人によっていろいろあるとして、じゃあポパイにはマイ・ウェイってあるのか。
というか、そもそもあるのか、ないのか、というところから考え始めてみたのが「なんでもない服が着たいんだ」の46ページです。

ファッションディレクターの長谷川昭雄さんが、信じているスタイリストの先輩たちや同僚とじっくり話をしながら作り上げました。
普段はいわゆるそういった「作る過程」は誌面では見せません。
でも、今回はこの企画に参加した人たちが制作期間中に話したことが、ページのいろんなところに散りばめられています。
日々の打ち合わせを録音して、そこで話されたことが読み込める対談コラムページも作ったりしています。

2018年のこの秋冬の時点で、ポパイのファッションスタイルを作ってきた人たちがどんな考えを持っているのか、記録として残ったことになりました。
視覚的にグッときたり、ふむふむとうなずいたり、貴重な話に背筋が伸びたかと思った一方でガクっとズッコケたり。
全体を担当した編集としては、着こなしの答えを求めるだけではなく、読者のみなさんそれぞれ、いろんな発見をしてもらえたら嬉しいです。

榎本健太(本誌担当編集)
po858-fe2-01
これはスタイリスト山本康一郎さんの私物。〈エルメス〉のコートで、「25年前か30年前か……、いつ買ったのか忘れたくらい昔に買った」と、康一郎さん。生地の質感や色合い、ロゴの雰囲気など、迫力がすごい。素敵です。自分が買って、着ていく服も、いつかこんなふうになるのだろうか。


ポパイ No. 858

FASHION ISSUE みんなのマイ・ウェイ。

880円 — 2018.09.07電子版あり
試し読み購入定期購読 (8%OFF)
ポパイ No. 858 —『FASHION ISSUE みんなのマイ・ウェイ。』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。