マガジンワールド

「台湾はノーカルチャー」とは言わせない! From Editors 2 No. 864

From Editors 2

「台湾はノーカルチャー」とは言わせない!

現地リサーチと取材あわせて、チーム最長の約1ヶ月台北に滞在してこの特集を作りました。今回の取材がはじめての台湾、

“メシは旨いらしいな。ほぉ、『千と千尋の神隠し』のモチーフと呼ばれる街があるらしいな。で、他は何もなくない?”

これが取材ではじめて訪れるまでの、台湾へのイメージ。このイメージが180度変わった取材旅でした。(メシが旨いのはもちろん変わらず)どう、変わったか。それは、エネルギー溢れる若者が多く、新しいカルチャーが次々と生まれている、今まさに訪れると楽しい場所、です。

現地の若者に話を聞けば「台湾はノーカルチャーだ」と、口々に言います。そんなことはない! と僕は言いたいです。リサーチ中にストリートブランドと台湾の1990年代カルチャーを掛け合わせたセレクトショップ「PAR STORE」、取材中にはシェアオフィス兼ギャラリーの「PETUNIA」がオープンするなど、現在進行形で台湾のカルチャーは成長していっていました。このライブ感が最高にいいムーブメントに感じました。詳しくは本誌の「台北の”今”が、ちょっとわかるショップへ」を読んでみてください。

最後に、「台湾のシティボーイと作った!」の名の通り、今回の取材でとにかくたくさんの人に会って「友達」と呼びたくなるシティボーイたちと出会うことができました。そんな「友達」と作った台湾の特集片手に、ぜひ台湾に遊びに行ってみてください!

福島大慶(本誌担当編集)
 
po864-fe2-img01
「WAITING ROOM」
台湾カルチャーの中心と言っても過言ではないスモールショップ。インディーミュージックを探すならココ。Room Radio (インスタグラム @room_radio)というインターネットラジオ番組もやっている。
po864-fe2-img02
やっぱりご飯は最高に美味しい!
「山東大史水餃館」はモチモチの皮が美味しかったなあ。お供は店の近く「陳三鼎」のタピオカミルク。この組み合わせするんだもの、そりゃあ、太って日本に戻ったわけだ。


ポパイ No. 864

台湾のシティボーイたちと作った台湾シティガイド

840円 — 2019.03.09電子版あり
試し読み購入定期購読 (8%OFF)
ポパイ No. 864 —『台湾のシティボーイたちと作った台湾シティガイド』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。