マガジンワールド

「微生物育成リップ」ananカラダに良いものカタログ

ananからだに良いもの認定
file-221

微生物育成リップ

¥3,000
FILTOM☎0120・526・106
http://www.filtom.com


微生物育成リップ ¥3,000 FILTOM☎0120・526・106 http://www.filtom.com/

環境ストレスと戦い続ける、唇に。自身の常在菌を育てるリップケア。

“スキンケアは肌の環境問題”がコンセプトの研究室兼化粧品メーカーが作ったのが、唇の微生物(常在菌)を育成するリップ。ビタミン不足やストレス、乾燥などにより、常在菌が住む環境が乱れると、他の菌が繁殖。それが口唇ヘルペスや口角炎など唇トラブルの原因になる。リップで常在菌を育て菌バランスを整えれば、健やかな唇を保てるというわけだ。
唇をきっかけに、全身菌のバランスが大事だと実感。(30歳・デザイナー)
乾燥と痒みに悩んでいましたが、徐々に解消!(36歳・出版)
CHECK

唇にいる常在菌、プロピオン酸菌を育てる、画期的なリップです。

プロピオン酸菌の働きって??
an2122-karda-02
プロピオン酸菌を育てる栄養成分を配合!
\天然の精油で作った、優しく爽やかな香り。/
an2122-karda-042


MAKING HISTORY

尾池博士に聞きましたプロピオン酸菌がいなければ、健やかな唇を保てません。──FILTOM研究所長 尾池哲郎さん

プロピオン酸菌が作り出す、プロピオン酸とグリセリンは、私たちの皮膚や唇を守る主役成分です。油にも水にもなじむグリセリンは、皮脂とともに唇に薄く広がります。同時に保水性も発揮するので、水を吸着して唇をみずみずしい状態に保つ働きをします。一方、プロピオン酸は、唇の皮膚を適度な弱酸性に導き、他の都合の悪い菌やウイルスの繁殖を防いでくれます。つまり、皮脂をプロピオン酸菌が分解しなければ、健やかな唇は維持できないのです。
an2122-karada-05
写真・多田 寛(DOUBLE ONE) スタイリスト・仮屋薗寛子 ヘア&メイク・浜田あゆみ(メランジ) モデル・メイ・パクディ 文・板倉ミキコ
アンアン No. 2122

開運行動学。/秋のパワーチャージ旅

550円 — 2018.10.10電子版あり
試し読み購入定期購読 (14%OFF)
アンアン No. 2122 —『開運行動学。/秋のパワーチャージ旅』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。