マガジンワールド


COVER STORY No.1936

COVER STORY

かっこいい嵐&可愛い嵐、どちらもニッポンの宝です。
2014年最後のananに登場してくれたのは、日本を代表するアイドルグループ、嵐の皆さん! 「ニッポン代表」特集ということで、「レッドカーペットを用意する?」「いやむしろ楽屋っぽい場所で…」「重厚なアンティークの世界で撮ったら…」など、事前の打ち合わせではいろいろな意見が飛び交いました。 編集スタッフ、カメラマン、スタイリスト同士のアツい話し合いは1週間近くにも及び、最終的に「嵐という素材の素晴らしさを、直球で、シンプルに見せるのが一番なのでは」「カメラの前でぴしっと決める“ON”の顔と、撮影が終わって(実際は終わっていないわけですが)ちょっとゆるんだ“OFF”の顔、両方素敵だから見たいよね」という結論に。
というわけで、用意したのは広いスタジオと、木のテーブル、黒いソファのみ。この、一見ラフな空間に5人が入った途端……どうなったかはぜひ本誌をごらんいただきたいわけですが、輝いている人には本当に「オーラ」というものがあるんだなあ、と感じた瞬間でした。
まず撮影したのは、表紙にもなった“ON”の表情。それぞれがそれぞれのペースでゆったりと集まり、カメラマンの指示を受けて立ち位置を決めている最中も、メンバー同士、誰かが誰かに話しかけ、そこに自然な笑いが生まれ……見ている私たちスタッフたちも、「ああ、今年はいい一年だった!」と(年末はけっこう先だったというのに)すっかり幸せな気持ちになってしまうほどのハッピーオーラでした。
後半の“OFF”の表情は、2〜3人ずつになっていただき、撮影。先に撮り終えたメンバーから「おつかれさまでした〜」と帰っていかれたのですが、そのたびに、撮影中のメンバーたちがそちらに向かって「おつかれ〜」「ばいば〜い」とニコニコ手を振るんです。この風景がですね……悶絶するほど可愛かった……!
そんなかっこいい嵐&可愛い嵐、両方の魅力をあますところなく閉じ込めた12ページとなっていますので、ぜひチェックしてくださいね。(Y)

なんの変哲もない木のテーブルが、嵐によって神々しいほど幸せに満ちた空間に。
なんの変哲もない木のテーブルが、嵐によって神々しいほど幸せに満ちた空間に。