マガジンワールド


COVER STORY No. 1897

COVER STORY

極寒のソウルで行われた東方神起のインタビューは、ほっこりした笑いで一杯でした。

およそ2年半ぶりにananに登場してくれた東方神起! 冬のソウルで行われた撮影とインタビューがどれだけ賑やかで和やかな雰囲気だったかは、本誌のページからあふれていると思いますので、どうぞお楽しみに。

さて、ここでは、誌面に(スペースの関係で)書けなかったおふたりの会話をちらっとご紹介したいと思います。ファンの皆さんと共有しないのはもったいなくて!
ニューアルバムのことや、おふたりが考える“理想の休日”のことなど、いろいろなことを伺ったインタビューの最後に、「では、anan読者に向けて何かメッセージをお願いします」と“シメの一言”をオーダーしたときのこと。

まずユンホさんが「これっていつの発売ですか? 3月12日? ホワイトデーがそろそろですね。じゃあ…」。お、何か甘~い言葉を言ってくれるのかしら? と期待する私たち。すると、ふとチャンミンさんのほうを見て「ホワイトデーって男性がもらうんだっけ? あれ? どっち…?」。思いがけず、超~基本的な質問を投げかけるユンホさん! チャンミンさんは落ち着いて「男性から女性。女性のほうがもらう」と返答。「あ、 そうか。じゃあ、皆さん、ぜひ好きな人から、何かもらってほしいです!」。…えーと、それって…と私が考えだすより前に、間髪いれず「それ、女性みんなの希望をただ言っただけじゃん」とつっこむチャンミンさん。続けて「しかもすごい難しいですよ! 確率低い」。なんて的確な指摘。一方、「でも…あの…」とちょっとたじたじになりながらも、「ほんっとに、好きな人にもらってほしいです(笑)」とマイペースに笑うユンホさん。

ここまでのやり取りだけでも「あ~仲いいな~微笑ましいなあ」と、その場が笑いに包まれるのに十分だったのですが、ではチャンミンさんは? と話を振ると、しっかり者のチャンミンさんまで「春で暖かくなってくるので、花粉症に気をつけてほしいです」とボケ始める始末。でも、私たちスタッフの笑いが止まらなくなってきたのを見て、「このままだと埒が明かないな」と判断したらしく、ちゃんと「この春は、東方神起のアルバムと一緒に過ごしてほしいなと思います」とまとめてくれました!

ちなみに、最後にユンホさんが「そしたらこうしましょう。花粉症に気をつけながら、東方神起の温かいアルバム聴きながら、誰か好きな人にプレゼントもらってほしいです!」と満足そうに付け足したことも、ご報告しておきます。東方神起、本当に素敵で、かわいらしい方たちでした。(Y)

スタジオに、ごくごくシンプルなソファとラグを用意。ここにユンホさんとチャンミンさんが入っただけで夢の空間になるから不思議…♡
スタジオに、ごくごくシンプルなソファとラグを用意。ここにユンホさんとチャンミンさんが入っただけで夢の空間になるから不思議…♡