マガジンワールド

ファッションスペシャル〈豊田市美術館〉by 谷口吉生! 特集内容 No.217

ファッションスペシャル〈豊田市美術館〉by 谷口吉生!

ファッションディレクター祐真朋樹による連載「Miracle Closet」の半年に一度の拡大版。今回の舞台は谷口吉生の設計によって1995年に開館した〈豊田市美術館〉です。愛知県豊田市のかつて挙母城(七州城)のあった高台の一角に建設されたこちらは、『Casa BRUTUS』2014年11月号「日本のBEST美術館」特集でも2位にランクインされ、谷口吉生の最高傑作と賞される非常に評価の高い施設。しかも、開館から23年を経たにも関わらず、古さを全く感じさせない奇跡的な建築なのです。それはなぜなのか。手がかりは杉本博司さんと谷口吉生さんの会話の中にありました。

先日偶然に旅先のホテルの朝食室で、谷口氏とお話する機会があった。私は私の疑問を率直に聞いてみた。そしてその答えは意外なものだった。「僕の建築はもともと古いから、古くならないんですよ」。この言葉は正調モダニズムと言えばよいのだろうか。ル・コルビュジエが目指した近代の箱を、今でもさらなる進化を目論んで追求を続けている、谷口吉生とはそういう人なのだ。
杉本博司『空間感』(CASA BOOKS)より

casa217-issue-img1
夜の豊田市美術館。常設展示棟の館内の光が乳白色の磨りガラスからほんのり溢れる何とも幻想的な光景。
casa217-issue-img2
美術館を象徴する吹き抜けのアトリウムには、ジェニー・ホルツァーの電光 掲示板の作品が存在感を放つ。
 
特集担当編集/西尾洋一
CASA BRUTUS No. 217

カフェとロースター

980円 — 2018.03.09電子版あり
試し読み購入定期購読 (13%OFF)
CASA BRUTUS No. 217 —『カフェとロースター』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。