マガジンワールド

Casa BRUTUS No.260 試し読みと目次

コロナ禍で激変したことのひとつが仕事場と働き方に対する考え方でしょう。リモートワークを始めとしたワークスタイルの見直しが加速度的に進む中、多くの人にとって住まいもワークスペースのひとつになってきました。また、地方に移住して働く場所を見直したり、仕事場の拠点を分散させたりと、効率を下げずに心地よく働くための環境づくりも注目を集めています。そこで、働き方と環境を能動的にデザインしている人たちのスタイルをヒントに、これからの時代における仕事部屋の作り方について学びましょう。

CONTENTS

Features
038 デザインのいい仕事部屋。
040 New Workspace
平林奈緒美の新しい仕事場。
Spaces & Styles
仕事場と働き方。
052 長嶋りかこ(アートディレクター)
056 関祐介(インテリアデザイナー)
060 八木沢俊樹(デザイナー)
064 木村吉成・松本尚子(建築家)
068 芦沢啓治(建築家)
Interior
仕事場を構成するもの。
072 ゴッティンガム(写真家)
076 アユミ・タカハシ(アーティスト)
080 熊谷彰博(デザイナー/ディレクター)
084 小酒井祥悟(アートディレクター)
088 安宅洋輝(ジュエリーデザイナー)
Moving
移住という選択肢。
092 前村達也(プログラムディレクター)
098 飯田昭雄(アートバイヤー/編集者/キュレーター)
104 藤城成貴(プロダクトデザイナー)
110 Furniture
働くための家具。
At Desk
リモートワークのスタイルサンプル。
118 三ツ谷想(写真家)
119 清水奈緒美(スタイリスト)
120 小林一毅(グラフィックデザイナー)
121 横澤琴葉(ファッションデザイナー)
122 土田貴宏(デザインジャーナリスト/ライター)
123 有川愛彩(ギャラリスト)
Regulars
016 ホンマタカシ
before and after TANGE
Architecture_01
『丹下健三 1938〜1970
—戦前からオリンピック・万博まで—』
019 Window on the World
LA:ドームを背負うストリームライン・
モダン建築。
福岡:アーツ&サイエンスが福岡に上陸。
027 News! on Your Fridge
〈カッシーナ〉から注目のホームフレグランス。
柴田文江がデザインしたプロジェクター。
142 祐真朋樹 Miracle Closet
No.184 木陰雲/kudan house
146 櫻井翔のケンチクを学ぶ旅。
vol.117 フェリカ建築&デザイン専門学校
150 古今東西 かしゆか商店
Buying No.43 アルミの行平鍋
157 長山智美 デザイン狩人
No.159 アステップ&タッキーニの復刻家具
159 レストラン予報
#096 恵比寿 Saucer
161 A Wall Newspaper
● 待望のSANAA展がついに開催!
妹島さん、西沢さんに話を聞きました。
● フィンランドのデザインを一望する展覧会を、
皆川 明さんと巡りました。
167 ほしよりこ カーサの猫村さん
第141回 スケッチ旅行で描いた絵が表紙になりました!
猫村さんは今月もがんばっています。
170 Chill CARS
vol.053 三菱 デリカ・スターワゴン4WD
175 Next Issue
さて2022年1月号の特集は…?
176 Life@Pet
VOL.229 カフェで一緒にお茶しませんか?
ブレ
CASA BRUTUS No. 260

デザインのいい仕事部屋。

990円 — 2021.11.09電子版あり
試し読み購入定期購読 (24%OFF)
CASA BRUTUS No. 260 —『デザインのいい仕事部屋。』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

読み放題※ 記事の一部が掲載されない場合もあります。
  • buy-dmagazine
  • buy-rakuten

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。