マガジンワールド

椅子特集、登場頻度ランキングBEST 6。 Editor’s Voice No.210

Editor’s Voice
椅子特集、登場頻度ランキングBEST 6。

世の中に椅子の決定本は2冊存在します。1冊目は1997年にシャーロット&ピーター・フィールよって出版された『1000 Chairs』。表紙はヴェルナー・パントン《パントンチェア》。2冊目は手前味噌ながら『Casa BRUTUS』2003年1月号「超・椅子特集」。表紙はエーロ・アアルニオ《ポニーチェア》の海洋堂によるフィギュア(2009年に『超・椅子大全!』としてMOOK化)。どちらも2000年前後に巻き起こったデザインブームに火を付けた金字塔です。名作椅子について知りたければ、はっきり言ってこの2冊で充分でしょう。あれから40年…ではなく十数年、椅子について語るとき僕の語ることは残されているのか。その回答が本誌の特集です。すなわち、過去に評価が決定づけられた名作にとらわれることなく、今、リアルに流行っている椅子を調査してみようと言うことでした。その結果のひとつとして、ここでは特集で取材した方々のコレクションに登場頻度が高かったデザイナーBEST 6を発表します(このランキングは本誌未収録)。はっ、誰それ? みたいな名前も多いかも知れませんが、Casa BRUTUS調べではこれらデザイナーの椅子が確実に流行っていると言えそうです。

1位:ピエール・ガーリッシュ=10脚

ピエール・ガーリッシュ《チューリップチェア》col. 清永浩文
ピエール・ガーリッシュ《チューリップチェア》col. 清永浩文

1位:シャルロット・ペリアン=10脚

シャルロット・ペリアンによるセレクト《レザルク・チェア》col. HYKE
シャルロット・ペリアンによるセレクト《レザルク・チェア》col. HYKE


3位:ピエール・ジャンヌレ=9脚

ピエール・ジャンヌレ《オフィス・ケーン・チェア》col. 片山正通
ピエール・ジャンヌレ《オフィス・ケーン・チェア》col. 片山正通

4位:ジャン・プルーヴェ=8脚

ジャン・プルーヴェ《スタンダードチェア》col. 片山正通
ジャン・プルーヴェ《スタンダードチェア》col. 片山正通


5位:チャールズ&レイ・イームズ=7脚

チャールズ&レイ・イームズ《ラ・フォンダ》col. sacai
チャールズ&レイ・イームズ《ラ・フォンダ》col. sacai

6位:フリソ・クラマー=3脚

フリソ・クラマー《リボルトチェア》col. DSM NEW YORK
フリソ・クラマー《リボルトチェア》col. DSM NEW YORK


6位:ハンス・コレー=3脚

ハンス・コレー《ランディ》col. 清永浩文
ハンス・コレー《ランディ》col. 清永浩文


特集担当編集/西尾洋一
CASA BRUTUS No. 210

椅子選び

980円 — 2017.08.10電子版あり
試し読み購入定期購読 (13%OFF)
CASA BRUTUS No. 210 —『椅子選び』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。