マガジンワールド

東京を再発見する瞬間。 Editor’s Voice No.224

Editor’s Voice
東京を再発見する瞬間。

住んでいる街だと見慣れた風景にそれほど驚くこともありません。それでも、普段はあまり使わない歩道橋を上ってふと街を見下ろした時、ゆりかもめに乗っていてふと窓の外を眺めた時、驚くほど美しい東京の風景と出会うことがあります。今月号は、『カーサ ブルータス』創刊20周年記念号であり、この20年で最も登場回数の多い「東京特集」。何度特集しても、完全収録することのできない東京の魅力ですが、今回は、変わりゆく東京、変わらない東京をテーマに、さまざまな東京の現在の姿、情報をお届けします。例えば、『カーサ ブルータス』に度々登場していただいている日本を代表する建築家の方々に、「東京の風景」について取材をし、その風景を写真家のホンマタカシさんに撮影してもらいました。また、連載でお馴染みの櫻井翔さん、かしゆかさん、野村友里さん、ソニア パークさんにもそれぞれの「東京」を紹介してもらっています。知らなかった街並み、建築物、話題の店を新たに知ることはもちろん、この特集を読めば、いつも目にしていたあの風景の美しさを再発見することができるかもしれません。

 
casa224-ev-img01
代官山旧山手通りは、パリでもNYでもない東京ならではの街並み。
casa224-ev-img02
そろそろスカイツリーが、東京の顔となる日が来るかもしれない。
担当編集/辻村雅史
 
CASA BRUTUS No. 224

東京、再発見。

980円 — 2018.10.09電子版あり
試し読み購入定期購読 (13%OFF)
CASA BRUTUS No. 224 —『東京、再発見。』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。