マガジンワールド

今、老舗温泉巡りが熱い! 特集内容 No.214

今、老舗温泉巡りが熱い!

「草津」と「道後」って、どんなイメージですか? なんか古めの、ひなびた温泉街? って思いませんでしたか?

実は今、老舗温泉巡りがブームです。今回取材したこの2エリアも、数年前からデザイン改革に取り組んだ結果、特に若い旅行者が急増。売り上げも10%以上回復しました。とくに、一人旅が増えているのだそうです。

草津がはじめたのは、建築での改革。町長を中心に、建築家の北山孝二郎、〈北山創造研究所〉の北山孝雄、〈グラフィクスアンドデザイニング〉の相羽高徳が立ちあがり、街の中心にある最大の源泉〈湯畑〉周辺を整備して、人が回遊しやすい街に。岡本太郎がデザインした湯畑がライトアップされる様子や、「湯もみ」で有名な〈熱乃湯〉が新しくなるなど、写真を撮りたいスポットが満載になりました。

そして道後が取り組んだのは、アート。2014年からはじまったアートイベントが好評で、2018年3月からは4年ぶりの大祭「道後オンセナート2018」が開かれます。祖父江慎がデザインした《部屋本 坊ちやん》は、入り口のドアからトイレ、空気清浄機まで、『坊ちゃん』の文字が敷き詰められたお部屋。この部屋、寝やすいのか!? ということは置いておいて、ユニークなプロジェクトなのでぜひ見ておきたいですよね。もちろん泊まらなくても見学できます。

気づいたらもう師走、温泉に行きたい時期ですね。次の旅先候補に、こんな+αの魅力を持った温泉を加えてみてはいかがでしょうか?

casa214-issue-img1
道後温泉の目印、〈道後温泉本館〉は、「道後オンセナート2018」の期間は蜷川実花の「花火」シリーズでラッピング中。大変華やかです。
casa214-issue-img2
〈ホテル椿館〉には山口晃さんが道後をイメージして襖絵を描いた《今様物の具吹寄せ》と題された部屋があります。本誌では写せなかった角度の鷺さんたちの湯浴みが大変かわいいです。全体像はぜひ現地で。
casa214-issue-img3
朝夕のご飯を旅館で食べたら、お昼はぜひ松山名物「甘い鍋焼きうどん」を!ちょっと新感覚のうどんです。
 

特集担当 真田奈奈

CASA BRUTUS No. 214

生き方を変える本

980円 — 2017.12.09電子版あり
試し読み購入定期購読 (13%OFF)
CASA BRUTUS No. 214 —『生き方を変える本』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。