マガジンワールド

「つい手に取ってしまう」幸せをくれるものが増えますように。 From Editors No. 59

From Editors 1

「つい手に取ってしまう」幸せをくれるものが増えますように。

 

たとえば朝、つい選んでしまう服や靴。
つい手に取ってしまうフェイスタオル。
つい手に取ってしまうマグカップ。
そんなアイテム、皆さんにもきっとありますよね。手に取る理由はさまざまあれど、着て、使っているとき心地よく、気分が良くなるということは共通しているのかな、と感じます。またこれは、今回の特集「つくりのいいもの 、のある生活 ’18秋冬 」でも大切にしたポイントです。

が、完成までの道のりは山あり谷あり……。そもそもつくりがいいってどういうことか、今季にふさわしいものってなんだろうか、どのようにビジュアルに落とし込むべきか、など編集部とスタッフで日夜話し合いが続き、撮影前日もずらりと集められた候補の中から、袖や足を通したり、ひっくり返したりしてギリギリまで検証、セレクトが続きました。

そうして最終的に揃ったものは、一見何気なくみえるかもしれませんが、作り手が丹精込めたこだわりからくる、はっきりとした違いを肌で感じることができるものばかり。この特集を手に取っていただき、つい手に取ってしまう「つくりのいいもの」が暮らしのなかに増えたら、とても嬉しいです。

(田中紀子/本誌編集部)
pre59-fe1-01
最近の個人的なヒットは、〈Panasonic〉の「ルーロ」。お掃除ロボットってどうなんだろう? と長年躊躇してきましたが、とても働き者! 四隅もしっかりきれいにしてくれて、家具も大抵よけてくれる。長毛の猫がいて抜け毛に困っていましたが、部屋を漂うこともなくなりました。


アンド プレミアム No. 59

つくりのいいもの、のある生活'18秋冬。

820円 — 2018.09.20電子版あり
試し読み購入定期購読 (14%OFF)
アンド プレミアム No. 59 —『つくりのいいもの、のある生活'18秋冬。』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。