マガジンワールド

真っ白を汚さず清潔に保てる……ようになりたい! From Editors No. 89

From Editors 1

真っ白を汚さず清潔に保てる……ようになりたい!

 

スタイルがある。『& Premium』本誌でこれまで何度も扱ってきたテーマです。今回私が担当したのは「スタイルをつくるための、19のアイテム」というファッション企画。ものの選び方、着こなし、佇まい、日々の過ごし方……。スタッフのみなさんとの最初の打ち合わせでは「スタイルがある人ってどういう人?」というところから一緒に考えていきました。「手書きの温もりをちゃんと知っている」とか「パジャマを着て、睡眠を大事にしている」などさまざまなスタイルを紹介していますが、「白を、清潔なまま保てること」。これが自分の中で一番しっくりきました。仕上がったページを改めて見てみると、シャツ、Tシャツ、エプロン、ハンカチ、靴下……。偶然にもこのどれもが“白”だったのです。当たり前といえば、その通りですが、汚れが目立ちやすい白をいつも清潔に保てるということは、日々の生活を大切にしている証拠。そしてその当たり前は案外難しかったりするもの。私はというと、気付かぬうちに白いハンカチに汚れが付いてしまっていたり、まだ理想と現実の間に壁があるのですが……。
みなさんも、ページをめくりながら自分が目指すスタイルを見つけてみてください。そして、それがこの春夏のファッションアイテム選びのヒントになれば幸いです。

原田 妙(本誌編集部)
 
pre89-fe1-02
まずは、真っ白な靴下から。本誌でも紹介したブランド〈ROTOTO〉のものです。気に入って、オーガニックリネンのものも追加購入しました。目標は真っ白のリネンのエプロンをつけて料理をすること!