マガジンワールド

ひとりの時間、皆さんは何をしていますか? From Editors No. 68

From Editors 1

ひとりの時間、皆さんは何をしていますか?

 

SNSでつねに人とつながっていることが当たり前の今、今回の特集は、そもそも「ひとり」とはどういう状態なのか?「物理的なひとり」と「心理的なひとり」は何が違うのか? ということをスタッフ皆で考えることからスタートしました。そうして見えてきたのは、ひとりの時間を持つうえで大切なのは、「心理的にひとり」であるということ。つまり、他者とのつながりを一旦断つことで、自分の内面とより深く向き合えるのではないか、ということでした。

とはいえ、目の前のことで忙殺されがちな日々の中、どうしたら、自分と深くつながることができるのか?そのヒントを探るべく、特集冒頭では、さまざまな職業の30人余りの方々にアンケート取材を敢行しました。皆さんから返ってきたアンサーからは、意外な時間のつくり方や、楽しみ方、そしてその大切さについて、本当に多くの気づきがもらえました。

特集を担当した私自身の話をすると、もしも、日々の暮らしに「ひとりの時間」がなかったら…と想像すると、ぞっとします。ひとりの時間は、完全に素の自分に戻れる時間。頭の中を無にしてぼ〜っと一点を見つめたり、引かれるくらいディープなヒップホップに聞き入ったり。

この特集をつくった今、思います。もっと堂々と、自由に、好きなだけ、ひとりの時間を楽しんでいいんだ!と。そんな気持ちに改めて気づかせてくれる、取材した皆さんのひとり時間を、ぜひ本誌でご覧ください。スマホをたまにはオフにして、自分だけの時間を謳歌してみたくなるはずです。

(田中紀子/本誌編集部)
 
pre68-fe1-01
私の「ひとり時間」のひとコマ。朝、出勤前に自宅近所の『ドトール』に立ち寄ります。そこで手帳を広げながら今日やること、今週やることを整理します。このカフェでのひとときがなくては生きていけないので、引っ越す際は必ず、ひとりでも居心地のよいカフェが近所にあるかどうかをチェックします。
アンド プレミアム No. 68

ひとりの時間は、大切です。

860円 — 2019.06.20電子版あり
試し読み購入定期購読 (14%OFF)
アンド プレミアム No. 68 —『ひとりの時間は、大切です。』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。