マガジンワールド


From Editors No. 171 フロム エディターズ

特集内容

THE WORLD’S MOST BEAUTIFUL TRAINS
美しい列車の旅図鑑2014
世界の名作鉄道

日本初のクルーズトレイン『ななつ星 in 九州』や、食をテーマにした『東北エモーション』など、鉄道の話題が日本中を席巻! というわけで、今月号では、日本はもちろん、世界中の名作列車を集めた、カーサ ブルータス初の“鉄道特集”をお届けします。

鉄道王国の英国が生んだベニス・シンプロン・オリエント・エクスプレスや世界遺産に登録されたスイスの高山鉄道ベルニナ急行など、一度は乗ってみたい海外の鉄道リストを旅のプランと共にカタログ化。また、日本全国を走る名列車を新幹線、夜行列車、SL、眺望列車などカテゴリーごとに徹底調査しました。

さらに鉄道博物館の旅リスト、美しい駅舎ツアー、台湾の駅弁の旅、世界的鉄道デザイナー水戸岡鋭治のデザイン哲学や海外の時刻表の読み方など鉄道の魅力を余すことなく1冊に凝縮!

初心者からマニアまで楽しめる、永久保存版のトレインガイドです!


 

Editor’s Voice

由布岳にロックスターがやってきた
鉄道は、旅する建築だ。そして、その建築は、窓の景色が美しく移り変わるホテルでもあり、一流シェフと共に走るレストランでもある。

ボディやキャビンのデザイン、スチュワードのサービス、景観や食事など鉄道にはさまざまな目的や楽しみがあるけれど、そんな鉄道の魅力をまるごと凝縮したともいえる日本初のクルーズトレイン“ななつ星 in 九州”が2013年10月に開通した。

世界的鉄道デザイナーの水戸岡鋭治による古代漆色の車両と、定員30名のために特別に用意された列車の“おもてなし”の哲学を伺い、まさに世界に誇る日本の鉄道だ、と思った。

由布岳を背に、疾走する車体をカメラにおさめようと撮影ポジションで待つこと1時間、汽笛と共に優雅に現れたその車体を目の当たりにしたとき、まさにロックスターがやってきたかのような高揚感に包まれた。あっという間に過ぎ去ってしまうその後ろ姿に、思わず手をふってしまった。

これまでも多くの人が鉄道に手をふる光景や、熱心に写真におさえようとする鉄道ファンをたびたび目にはしてきたけれど、その気持ちを深く理解した、まさにその瞬間でした。

casa171_editors1
photo_Junpei Kato


特集担当編集/奥村健一