マガジンワールド

お菓子好きによる、お菓子好きのための特集です。 From Editors No. 62

From Editors 2

お菓子好きによる、お菓子好きのための特集です。

 

大の甘党スタッフたちが集まって、今一番食べたいお菓子って何だろう?と考えたのが、この特集です。担当した私自身、朝食に、3時のおやつに、一日の締めくくりに、とつねにお菓子が傍にあり、いろいろある毎日もこれのおかげで乗り切れているような気がします。そんな私の人生における「お菓子」の原体験は、母の手作りのもの。いちごジャムを挟んだロールケーキや、オーブンで蒸し焼きにしたちょっと固めのプリン…。素朴だけど、やさしくて安心する「お母さんの味」が好きでした。

今回のテーマ「日本のおやつ」にも、それを感じます。餅や団子をはじめ、華やかさはないけれど、どれも愛嬌たっぷり。日本人好みの食感や甘さに加え、季節感やストーリーも含めて、「ああ、日本人でよかった…」と、しみじみ感じる魅力が、小さな世界に詰まっていました。

「甘い手みやげ手帖」の撮影現場では、お菓子の、場を和ませるパワーってすごい!と改めて実感。お菓子のセレクトをお願いしたフードライター・P(渡辺紀子)さんを囲んでの甘党スタッフたちによる試食会では、味の感想にはじまり、小さい頃に好きだった思い出のお菓子や出身地の銘菓の話などでも盛り上がり、話の尽きないこと…(お茶とお菓子もノンストップでした)。癒しとパワーをくれ、人と人とを繋いでくれるお菓子。本誌をきっかけに、これぞというお菓子と出合い、2019年が笑顔の年になりますように。

(田中紀子/本誌編集部)
pre62-fe2-01
「甘い手みやげ手帖」の撮影用に集められた全26品のお菓子たち(写真はその一部)。ちなみに、撮影を担当した“あんこ好き”カメラマン・加藤新作さんは、『大口屋』の「餡麩三喜羅」のおいしさに膝を打って大絶賛。本誌(→p.90)をぜひ見てくださいね。


アンド プレミアム No. 62

みんな大好き、日本のお菓子。

866円 — 2018.12.19
試し読み購入定期購読 (14%OFF)
アンド プレミアム No. 62 —『みんな大好き、日本のお菓子。』

紙版

定期購読/バックナンバー

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。