マガジンワールド

進化するスタンダード。 From Editors No. 65

From Editors 1

進化するスタンダード。

 

スタンダードと聞いて、皆さんが思い浮かべるのはどんなアイテムですか? 服であれば〈リーバイス〉501や〈ヘインズ〉の白Tといった誰もが知るザ・スタンダードも間違いありませんが、今回ファッション企画を担当して感じたのは、スタンダードもずいぶんと進化しているということです。

たとえば、ほしい! と思ったのが〈オーラリー〉の白いTシャツ。一見ベーシックなふつうのTシャツですが、超長綿を使った肌あたりのよい生地や体型をカバーしてくれるゆとりのあるシルエットなど、日本ブランドらしい細やかな作りに心惹かれました。そんな「これからのスタンダード」になっていく可能性を感じたニュースタンダードアイテムも紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

またもうひとつファッションの話で印象的だったのは、スタンダードは作り手にも身に着ける側にも時間が必要だということ。「スタンダードになるにはどうしても時間が必要です。熟成したものにしかその言葉は使えないので」「時間をかけないとマイスタンダードにならないから簡単には増えない」。これらは、座談会企画でメンバーの方々から出た言葉です。確かに。自分自身を振り返ってみても、これ! というスタンダードはまだまだ少ないし、着こなせてないなあとも感じます。日々使い込んで、失敗もして、やっと自分のスタンダードになるならばと、タンスに眠っていたチノパンやネイビーブレザーを引っ張り出し、この春どう着こなそうかと悩み中です。

(田中紀子/本誌編集部)
 
pre64-fe1-01b
特集を作っている間はいつもに増してスタンダードな服装に。ヴィンテージの〈リーバイス〉501と〈チャーチ〉のバーウッドはどちらもタフで、バタバタ動き回る日々を支えてくれた相棒です。
アンド プレミアム No. 65

スタンダードになっていくもの。

850円 — 2019.03.20電子版あり
試し読み購入定期購読 (14%OFF)
アンド プレミアム No. 65 —『スタンダードになっていくもの。』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。