マガジンワールド

「人生最高のお好み焼き」 編集部こぼれ話

 

取材こぼれ話
「人生最高のお好み焼き」
2018年5月19日

 
「日本の台所の原風景のようなお宅を!」という編集長の命を受け、古くて、でも現役の台所をあちこち探し回りました。そして辿り着いた3軒。『歴史が息づく京都の町家、古民家を訪ねて。』にて紹介しております。
 印象的だったのは、3軒の中でも最も古い、江戸時代から使われているという田中なみさんの台所。なんと、お料理はガスではなくかまどで。

撮影がひと段落し、「お昼にしましょうか」とはじまったのは、まずは火おこし。最初は家中、煙がもうもうと立ち上がり、慣れない取材陣は涙がポロポロ……。でも、火が安定してきたら煙も落ち着き、細かな火加減もせずほったらかしでした。その日のメニューは、田中さんの十八番だというお好み焼き。かまどの上に置く鉄板いっぱいに、豚肉を敷きつめ、その上からキャベツたっぷりのタネをどーん! さてさて、焼きあがったお好み焼きは外がカリッカリで中がふわふわ。かまどのまわりに椅子を並べて、鉄板から直接ほおばるお好み焼きのおいしかったこと! 間違いなく、人生最高のお好み焼きとなりました。

ku91_kobore01_img
 

編集部 A・S

クウネル No. 91

充実の台所でいつものご飯がもっと特別に

850円 — 2018.05.19電子版あり
試し読み購入定期購読 (10%OFF)
クウネル No. 91 —『充実の台所でいつものご飯がもっと特別に』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。