マガジンワールド

編集部こぼれ話


取材こぼれ話

『私がプロデュース、こだわり服を紹介します。』企画の担当をしました。
周囲のクウネル世代の女性たちと話していると、どこで服を買ったらいいか分からないという声をよく耳にします。私自身、若い頃の延長で着ていた服がなかなかしっくりこなくなっていて、似合う服選びに困っていました。そこで始まった大人の女性のためのブランド探し。色々調べて、辿り着いたのが同世代の女性たちがつくるブランドです。

「どうすれば、女性たちがより輝けるのか?」をテーマにつくられた洋服たちは、素材やパターンなどが考え抜かれていて、さまざまな体型の人にすっとなじむ懐の広さがあります。6つのブランドを紹介していますが、どのブランドにも共通しているのが、袖を通した瞬間に「いい気分」になれること。そしてリラックスできつつも、きりっとスマートに見えるようなデザインや素材感が特徴です。

印象的だったのは、上質なルームウェアを提案する「Petit Tailor R-60」のデザイナー神津はづきさんのお言葉。「家着なんて誰に見せるわけでもないし、着古したスウェットでもいいかもしれない。でも少しいいワンピースを着ていたら、気分が上がりますよね」。「ステイホーム」が基本となったいまこそ、家でもおしゃれを楽しみたいなと思いました。

ku107-2_kobore-img01
ku107-2_kobore-img02


● 編集 AS
クウネル No. 107

パリ・東京おしゃれサンプル128

980円 — 2021.01.20電子版あり
試し読み購入定期購読 (10%OFF)
クウネル No. 107 —『パリ・東京おしゃれサンプル128』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。