マガジンワールド

さて、私は何度通いましょうか? From Editors No.856

From EditorsNo.856 フロム エディターズ

さて、私は何度通いましょうか?

秋の深まりととともに、むくむくと美術鑑賞欲が増す今日この頃ですが、数ある秋の展覧会の中でも京博の『開館120周年記念 特別展覧会「国宝」』は必見でしょう。なんといっても約2ヶ月の会期に、合計200件以上の国宝が集まるという、これぞ国宝まつり! ところが、かなり難しいのが鑑賞のスケジュール立てなんですね・・・。大きく4期に分けて展示替えがあり、さらにある作品については、もっと細かく展示期間が変わるという。見る時期によって全く違う国宝に出会えるウレシさもある反面、こちらも相当準備をしていないとうっかり「あ、終わっちゃってた!」ということにもなりかねない。通期(全会期)で展示される『土偶(縄文のビーナス)』などもあるのですが、大多数はそうではないわけで。

Ⅰ期とⅡ期前半の、雪舟の国宝6件が勢揃いする期間は外せないなとか、長谷川等伯の『松林図屏風』はⅢ期だけなんだなとか、公開時期の確認には今から余念がないわけです(これも楽しみのひとつですよね)。

ああ会期中、私は何度、京都に通うことになるのでしょう。まずはこの『国宝。』特集でスケジュールの確認と予習、帰ってきたらしっかり復習もしないとですね。

 
●︎︎︎矢作雄介(本誌担当編集)
ひと足先に京博キャラクター〈トラりん〉のぬいぐるみを購入しいつ行こうかなあーと相談する日々(返事はしてくれない)。
ひと足先に京博キャラクター〈トラりん〉のぬいぐるみを購入しいつ行こうかなあーと相談する日々(返事はしてくれない)。


ブルータス No. 856

特集 国宝。

680円 — 2017.10.02電子版あり
試し読み購入定期購読 (20%OFF)
ブルータス No. 856 —『特集 国宝。』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。